雑草対策として使う固まる土って知っていますか?

固まる土は、施工が難しいので業者に頼む場合が多いのですが、ホームセンターなどでも購入できるので、自分で施工する人もいます。

しかし失敗も多いようです。

固める土は自分で施工できるのか?もし業者に頼むのなら料金はどのくらいかかるのか?を紹介します。

スポンサーリンク

雑草対策に便利な固まる土とは

毎年悩まされる雑草に頭を抱えている人は多いですよね。

春が近付くと雑草をどうしようかと考えてしまいます。

私も雑草と闘っている一人なので、庭を見入るたびに嫌になってしまいます。

今年こそは、この除草作業から解放されたいと思っています。

私は除草対策として、毎年、年2回除草剤を撒いて雑草を防いでいるのですが、これが結構大変なんです。

除草剤は粒状の物を使用するのですが、フリフリと小刻みに撒いていかなければいけないんです。

その撒いた時は達成感があるのですが、撒いて手を洗う時に訳のわからない手の震えに驚いてしまいます。(撒いたことのある人には共感してもらえると思います)

できれば、こんなことをせずに雑草が生えない状況を手にいれたいものです。

そこで、除草対策として今人気になているのが「固める土」です。

固める土とは、水を加えるだけで固まってしまう土のことです。

強度はコンクリートには全然及ばないのですが、雑草の力には勝てるので、固める土を敷くことで雑草が生えてこない状況を作ることができるのです。

雑草を防ぐにはコンクリートを敷くことが1番早いのですが、コストも高くなってしまうのですが、固まる土はコンクリートほど高価ではないので、除草対策として人気をよんでいる商品です。

固まる土は自分で敷ける?

固まる土はホームセンターや通販などでも購入することができます。

購入することができるということは、自分でも敷けるということになりますよね。

しかし・・・。

インターネットなどで「固める土」のことを調べると失敗したケースがとても多いのです。

私も雑草が悩みになっている1人なので、色々調べてみて固める土のことを知ったのですが、実際固める土を自分で敷いた場合は失敗して結局業者にしてもらい、余計に金額が高くなったケースも数多くありました。

固める土は水をかけるだけで簡易コンクリートのようになるので、一見素人でも簡単にできる気がするのですが・・・そうではないようです。

素人では平らにしたり、傾斜をつけたりするのは難しいです。

特に、黒カビの原因となる水はけの傾斜は素人ではできないことだと思います。

私の庭にも半分はコンクリートにしているのですが、業者の人がヘタだったのか、傾斜をつけずに敷いてしまったのかわかりませんが、雨が降ると水がはけずにスッゴク大きな水溜りができてしまいます。

車に乗るには長靴が必須(雨がやんでも)ですし、車を発進させると波が立ってしまうほどです。

専門の知識をもった業者の人でも傾斜を計るのは難しいのですから、素人では無理があると思います。

スポンサーリンク

固まる土を業者施工する場合の料金目安

固める土で除草対策をする場合は、できれば自分で施工せずに専門の業者にしてもらうのがおすすめです。

しかし、どのくらいの金額になるのか知っておきたいところですね。

費用は、業者などに依頼した場合は約8,000円~12,000円/m²になります。

ちなみに、除草剤の場合は10坪約2,000円、防草シートの場合は約5,000円/m²になっています。(業者に頼んだ場合)

他と比べると、固める土は金額が高めになっています。

業者に依頼するか自分でするかは費用と照らし合わせて検討してみてくださいね。