毎年流行する「インフルエンザ」!!できることなら感染することなく春を迎えたいものです。

しかし、インフルエンザの感染力は強く、回避するにはそれなりの知識が必要になってきます。今回は、インフルエンザの感染経路とインフルエンザにアルコール除菌は有効なのか、除菌アイテムをご紹介します。

スポンサーリンク

インフルエンザの感染経路

風邪 くしゃみ 鼻水

インフルエンザの感染経路は2通りあります。

1つは「飛沫感染」です。

飛沫感染とは、インフルエンザに感染している人が「咳やくしゃみ」をすることで、ウィルスが飛散して、感染していない人が口や鼻からウィルスを吸い込むことで、感染してしまうことです。

特に学校では冬場になると、咳やくしゃみをする子供は大勢います。

まだ通常の風邪の場合なら、それほど神経質にならなくても大丈夫ですが、学校でインフルエンザで休んでいる子供がでてきている場合は、マスクをつけて登校させるのをオススメします。

そして、もう1つが「接触感染」です。

接触感染とは、感染している人が、咳やくしゃみをする時に手で覆いウィルスが手に付着します。

その手でドアノブや手すりなどを触り、その後で感染していない人がその部分に触れ、その手で自分の口や鼻を触ることで感染してしまうことです。

予防対策としてマスクは当たり前なのですが、手袋をすると直接ウィルスが手に付着しないのでオススメです。

スポンサーリンク

インフルエンザにアルコール除菌は有効?

チャタテムシ駆除赤ちゃんアルコール殺虫剤

では、手に付着したウィルスには何が有効なのでしょうか?

インフルエンザウィルスの感染力は非常に強いのですが、アルコールと薬用石けんには弱いといいます。

家庭に薬用石けんを常備している家庭は多いです。

家に帰った場合は手についたウィルスも石けんで洗浄することで、なくなりますが、洋服などについたウィルスの場合はどうしたら良いのでしょうか?

そういう場合にオススメなのが、インフルエンザにも効果があるといわれている「ファブリーズ」です。

直接手にはスプレーはできませんが、服などに付着したウィルスには効果があるようなので、試してみてください。

インフルエンザウィルスは、エンベロープという脂溶性の膜で覆われ、この膜が人に感染するときの役割を担っているのですが、石けんやアルコールに触れるとエンベロープが溶けるので除去できるのです。

したがって、インフルエンザには、アルコール除菌(消毒)は有効になります。

スポンサーリンク

インフルエンザのアルコール除菌オススメアイテム

アルコール除菌が有効だということがわかったところで、オススメのアルコール除菌(消毒)のアイテムを紹介しますね。

インフルエンザウィルスは、5分程度なら手でも生存できるので、手洗いは重要なのですが、外出時などではできませんよね。

そんな時に活躍してくれるのがアルコール消毒液です。

私が使っている消毒液は「手ピカジェル」です。

手ピカジェルは、水もハンカチも使わずに手にすり込んでウィルスを除菌してくれます。

最近では携帯用や一回分ずつになった商品まで発売されているので、外出時でも手を洗わなくてもすみます。

特に子供がいる家庭におすすめできる商品です。

アルコール消毒液を使う時のポイントとしては、手全体にすり込むのですが、指や指の間もわすれないように充分にすり込ませてください。