風呂釜にもタイプがあるのをご存知ですか?

風呂釜には、一つ穴(追い炊き機能付き)と二つ穴があります。

それぞれ使い方も掃除の仕方も違ってきます。

特に二つ穴の場合は、風呂釜掃除をしないと湯垢などが付きやすく衛生的にも心配があります。

今回は、二つ穴式の風呂釜掃除の洗浄方法を紹介します。

Sponsored Links

二つ穴式の風呂釜、ジャバでは汚れが落ちきらない?

お風呂 トビムシ駆除

最近の主流の風呂釜というと、追い炊き機能付きの一つ穴タイプにあります。

昔だと一つ穴式の風呂釜も沢山あったのですが、最近では滅多にみることがありません。

私の子供の頃は二つ穴式の風呂釜ばかりでしたが、今ではマンションや新築で家を建てる場合のほとんどが、追い炊き機能付きの一つ穴タイプになってきているからです。

しかし現在も少なくはなっていますが、古い浴槽だと二つ穴式の風呂釜もあります。

二つ穴式の風呂釜は、浴槽の水を自然に循環させながら温度を温めていくので、湯垢が付きやすく浴槽にも湯垢が出やすいのです。

湯垢には皮脂や垢が含まれているので細菌も繁殖してしまうので、できるだけ掃除は定期的に行わなければいけません。

風呂釜掃除の洗浄剤というと真っ先に思い浮かぶのがジャバですよね。

私も数回使用したことがありますが、洗浄剤を入れるだけなので簡単に使用できます。

このジャバには二つ穴式の洗浄剤もあり、ジャバを使って風呂釜掃除をする人は多いですよね。

しかし二つ穴式は1つ穴式より汚れが付きやすいので、月に一度はジャバしなければいけません。

数ヶ月も放置している場合はジャバでも効果が薄くなり汚れも落ちにくくなるので、定期的な風呂釜掃除をおすすめします。

>>風呂釜掃除、1つ穴も二つ穴もジャバよりコレ過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

>>酸素系漂白剤 Amazonで買える市販のオススメ商品一覧

Sponsored Links

風呂釜掃除、二つ穴式の洗浄方法

一つ穴式の風呂釜掃除は、追い炊き機能が付いているので、洗浄剤を入れて追い炊き機能を操作すればできるので簡単なのですが、二つ穴式は少し手間がかかります。

「ジャバでの洗浄方法」

1. 残り湯で構わないので、2つある穴の上の穴までお湯が入っているのを確認してください。(お湯の温度は約40℃)

2. ジャバの容器の先端部分の赤いキャップを外し、容器を上向きの状態で沈めます。

3. 容器の先端を下の方の穴にあわせて、容器の底部を10回ほど押して容器に中の洗浄剤を全て風呂釜内に送り込みます。

4. 容器を外して1~2分沸かします。

5. お湯を張った状態でお湯の中にホースを入れ、下の穴の中にホースを侵入させて勢いよく水を出し内部に残っている汚れを出します。

6. 浴槽内のお湯を排出して終了です。

「ジャバ以外の洗浄方法」

粉末漂白剤 50g又は酵素系漂白剤 50gを使用してください。

1. 下の穴を使い古しのタオルなどで塞ぎます。

2. 上の穴に洗剤を入れます。

3. 50℃のお湯を上の穴に溢れない程度入れ、2時間ほど放置します。

4 .下の穴のタオルを外して放出して、ホース(シャワー)で上と下の穴に勢いよく水をかけ、汚れを洗い出して終了です。

Sponsored Links

買い替えるというのも一つの手?

二つ穴式の風呂釜は、上記でもわかるように掃除に少し手間がかかります。

汚れも付着しやすいので、自分では落せない汚れもあるようです。

そんな時にプロの業者に頼もうと思っても、プロの業者では二つ穴式の風呂釜は対応していない場合がとても多いです。

汚れの残っている状態のお風呂は衛生的にもよくないので買い替える人も多いようです。

この機会に買い替えるという選択肢も頭に入れてみるのもよいのではないでしょうか。