お葬式に行く際にもっていくご香典ですが、表書きの書き方いくら入れるかなど、風習があるので注意が必要ですね。

御霊前の書き方についてはこちらの記事で書きましたが、
⇒御霊前の書き方、金額や住所は横書き?会社見本や連名夫婦の場合

今日は御霊前の金額 2万円や偶数はNG?ついてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

御霊前の金額 相場はいくら?

御霊前 金額 相場

身近な方がなくなったとき、 お葬式やお通夜に参列することに なったら、「御香典」を持っていきます。なぜ現金を持っていくのでしょう?それは、亡くなった方へのご供養の気持ちと、なにかと大変な親族への応援の意味があります。

では、香典はいくら包むのが相場なのか?それは、・故人とのかかわりの深さ・送り主の年齢で変わってきます。

一般的な相場はこちらをご参考になさってください。

職場関係 5千円~1万円
祖父母 1万円~5万円
両親(父、母、義理の親)3万円~1万円
兄弟姉妹 3万円~5万円
おじさん、おばさん 1万円~3万円
(叔父、伯父、叔母、伯母)
○その他親戚関係 3千円~3万円
友人 5千円~1万円
先生 3千円~1万円
ご近所さん 3千円~1万円
仲人 1万円

葬儀の場合は急いでいることも多いですが、できれば自分の立場と近い方や、聞きやすい方に確認するのがいいですね。

※故人のご家族に直接聞くのはマナーに反するので、よほどのことがない限りやめましょうね。

スポンサーリンク

御霊前金額 2万円など偶数はNG?

御通夜 御霊前 書き方 相場

上記の相場表を見ていると、例えば祖父母の場合、相場は1万円~5万円となっています。では、2万円4万円偶数でもOK?と思ってしまいますね。でも、御香典に偶数はNGとされているので注意が必要です。

偶数がダメな理由は、結婚式と同じ。割り切れる数字=ご縁が切れるを連想させるためといわれています。また、特に4や9は、「苦しむ」に通じるので避けるのが風習です。

1万円だと少ないし、3万円だと多い…2万円がちょうどいい!?と思うときもあるかもしれませんが、やめておきましょうね。

また、1万3千円などのように、切りの悪い金額もあまり見かけません。お札の種類は1種類にそろえて、切りの良い金額を入れるのが一般的です。

色々とマナーの多い御霊前関係ですが、一度きちんと調べておけば、何かあったときに安心ですね^^始めての御通夜、お葬式の方はとくに、間違わないようにしましょう。

でも、ちょっと間違えても、御通夜、お葬式に参列するあなたの行為が、故人や親族にとっては一番ありがたいことですし、大切なことです。そのことは忘れないでくださいね^^

スポンサーリンク