腰痛に悩みを抱えている人は少なくなく、実に約8割以上の日本人が腰痛を経験していると言われています。

特に、寝起きが痛いという人いませんか?

寝起きの腰痛の原因と、その解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

寝起きの腰痛は病気のサイン?

背中の痛み

寝起きの腰痛は、大腰筋の衰えや背骨の歪みなどからくる、体のゆがみが原因であると考えられます。

体がゆがんでいると、内臓がうっ血したり、脊椎のゆがみにより腎臓の位置が下がってきて、女性の場合は卵巣がねじれて骨盤内に痛みがでてきます。また、腸の付け根が緊張することで腸の位置が下がり、腰椎を前に引っ張ってしまって腰痛を起こします。

腰痛の原因は、骨と筋肉も含めて内臓にも多く、特定するのは容易なことではありません。

腸や腎臓、膀胱、前立腺や子宮、卵巣といったさまざまな原因が考えられます。

その他、ぎっくり腰だと思っていたのが、実は大動脈解離という重篤な病気だった、なんてことも!

簡単な運動で改善するのであれば、病的なものが原因であるとは考えにくいでしょう。

腰痛の原因になりそうなものの特定ができない上、薬を使用しても治らないような場合は、病院で診察してもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク

寝起きの腰痛を解消する体操

寝起きに腰が痛いと感じたら、急に起き上がるとより悪化させてしまいます。体を動かす前に、まずは寝たままでできるストレッチで、痛みを和らげスムーズな起き上がりを目指しましょう。

★関連記事★
⇒ためしてガッテン、腰痛防止の寝る前にやるストレッチ

まず、仰向け状態で片方の膝をゆっくりと曲げ、両手で抱えこみます。もう片方の足は伸ばしたままです。

息をゆっくりと吐きながら10秒ほどその状態をキープします。その後、反対側も同様に行います。

何度かこの動作を繰り返しましょう。このストレッチで、痛みを緩和し、体の柔軟性を取り戻すことができます。

次に、ゆっくりと体を起こして四つん這いの態勢になります。

背中を上へと引き上げるようにし、目線はおへそへ向けます。この状態で息を5秒ほどかけて全部吐きだします。

続いて軽く息を吸い込み、息を吐きながら背中を反っていきます。猫が伸びをしているようなイメージです。この四つん這いの動作を、体が温まってくるまで繰り返し行いましょう。

スポンサーリンク

腰痛、病院は何科?

手の指のしびれ 何科

腰痛には、骨や関節、筋肉の損傷が原因であるもの、内臓疾患が原因であるもの、心因性のものなどがあり、それぞれ専門とする科が異なります。

骨や関節、筋肉の損傷が原因である場合は整形外科が適しています。

また、内臓疾患が原因の場合は内科、心因性のものの場合は心療内科や精神科が適しています。

しかし、腰痛の原因が自分で判断できない場合は、まずは整形外科を受診することをおすすめします。整形外科である程度原因を特定してくれますので、それぞれの専門科を紹介してもらいましょう。

整形外科では、消炎鎮痛剤などを使った薬物療法で、腰の痛みを和らげる治療を行います。

内臓疾患が原因である場合は、まずは原因となる疾患の治療を行います。

心療内科や精神科では、心理療法やカウンセリング、抗不安薬などを使った薬物療法を行うことで、心のケアを行い、腰痛の根本要因をなくすようアプローチします。

心因性の腰痛であると診断された場合は、整形外科と心療内科・精神科の両方に通うことをおすすめします。