日本での親知らずの抜歯費用や術後の後遺症は?

健康の知恵

スポンサードリンク

こちらの記事では、知恵ばあちゃんに届いた声をお届けします。

日本での親知らずの抜歯費用や術後の後遺症は?

(アメリカ在住Mさんより)

チエばあ
昨日虫歯だと思い歯医者さんに行ったら、親知らずが痛みの原因だと言われ抜歯を勧められました。

現在アメリカに住んでおり、痛みがまだそこまで強くないので、一時帰国に合わせて日本に帰って抜歯するか迷っています。

費用や手術方法、保険の適応など、日本での抜歯とアメリカの抜歯の違いを調べてみました。

スポンサードリンク

親知らずの抜歯費用はいくら?

親知らずの抜歯は日本の方が格段に安く行えるということがわかりました。

日本では保険が利いて3,000円から4,000円程度だそうです。

一方アメリカでは、保険が利いても(保険会社にもよって違う)抜歯1本につき約2万円から5万円の負担がかかる可能性があるということです!

手術方法などは特に違いはないようでした。

これはアメリカよりも、日本で抜歯したほうがよほど良いと思いました。

スポンサードリンク

親知らず 術後の後遺症はある?

親知らず抜歯費用

親知らずを抜いた後の後遺症の発生確率は、ないとは言えませんがかなり低いようです。

医師の説明では1%~5%と言われるケースもあるようですが、かなり少ないとのことでした。

  • しびれや麻痺
  • 味覚障害
  • ドライソケット(抜歯した骨の部分がむき出しになってしまうこと)

症状だけみると恐ろしいですが、発生確率はかなり低く、ドライソケットは治療方法もいくつかあるようでした。

歯の痛みを我慢するか、後遺症のリスクはあるけれど抜歯を選択するかは、自分次第かなと思いました。

スポンサードリンク

親知らずの抜歯 まとめ

絶対に日本で抜歯した方が安いので良いですが、今回はアメリカで抜歯することに決めました。

アメリカの医療費はものすごく高いということは知っていましたが、今回改めてそれを実感しました。

それと同時に日本の医療制度はアメリカに比べると本当に良いものだと思い知りました。

このことをアメリカ人の主人に話したら、すぐに日本に引越ししようと冗談交じりに言っていました(笑)

スポンサードリンク