ストーブよりエアコンのほうがお得!?冬の暖房費を安くするコツ

冬の知恵

スポンサードリンク

エアコンによる電気代に悩んでいた夏が過ぎたと思えば、暖房代に悩まされる冬がやってきますよね・・・。

何かと入用な春に備えるためにも、冬に暖房代を節約しつつ、無理なく暖かく過ごせるコツを紹介していこうと思います!

それぞれ暖房器具にかかる費用と使い方

チエばあ
冬の暖房といえば、それぞれの暖房器具によって、電気代や燃料がかかりますよね。

総合的に費用を見て比較できる機会が少ないので、
結局どれが一番安く済むの?どうやって使えば節約できるの?と疑問に思うところではないでしょうか。

石油ファンヒーター・ストーブでかかる費用と使い方

冬に石油ファンヒーター・ストーブの1ヵ月にかかる費用で、家族がいる場合の目安は、燃料代で5,500円くらいだそうです。

石油ファンヒーターは電気代もかかり、1か月で500円くらいなので、合計6,000円くらいを目安と考えましょう。

意外にエアコンより高つくし、灯油を買ってきたり給油したり手間がかかるデメリットが多いのです。

だったら、他の暖房器具がいいのではないかと思いますが、石油ファンヒーターは部屋をすぐに暖めてくれますし、火の熱というのも、体の芯まで温めてくれる効能があります。

石油ストーブもまた電気がなくても使えて、防災で便利というメリットもあるので、1台は持っておいたほうがいいかもしれませんね!

確かに燃料代がかかるとはいえ、使い方によっては、費用を抑えることができます。

それは、エアコンが効くまで、石油ファンヒーター・ストーブをつけるという方法です。

これなら、すぐに部屋が暖まりますし、その状態で暖めるならエアコンの負担が少なくなって、電気代もやすくつきます。

火の熱がある程度、部屋に行き渡るから、エアコンをかけるだけより、体が温まると思います。

エアコンを併用した場合の燃料代と電気代は、石油ファンヒーター・ストーブをつけっぱなしにした場合の燃料代より、そんなに安くはならないかもしれませんが、灯油を買ってきたり給油したりという面倒さは軽減されるでしょう!

エアコンでかかる費用と使い方

冬のエアコンの1ヵ月にかかる費用で、家族がいる場合の目安は5,000円くらいだそうです。

電気代のいる石油ファンヒーターより、1,000円ほど安くななります。

安いだけでなく、安全ですし、部屋を全体に暖めてくれますし、細かい設定もできます。

すぐには部屋を暖められない点も、他の即効性のある暖房器具と併用することで解決ができますよね!

ただ、空気が乾燥すること、豪雪地帯では使えないデメリットは、どうしても見過ごせません。

最新の室外機には、雪を溶かす機能がついているものもあるとはいえ、エアコンは値段がするので、中々最新のものに買い替えられなかったり、工事が必要ということで、諦める人もいるでしょう。

その点、石油ファンヒーター・ストーブは安いものもありますし、工事いらずで、どこでも置けるメリットがあります。

確かに1ヵ月にかかる費用はエアコンのほうが安く、10年経てば1万円の差が出てきます。

が、エアコンの寿命は13.6年と言われているので、電気代を節約できたとして、買い替えることでパアになるとも考えられますよね。

こう考えると、いくら電気代が安いといっても、冬にエアコンを酷使して、寿命を縮めることは避けたほうが良さそうですね!

高値のエアコンだけあって、長持させるため負担をかけないよう、冬には他の暖房器具と併用するのがベストだと思います!

スポンサードリンク

その他暖房器具

暖房器具の代表的な2つ以外は、1か月でどれくらい費用がかかるのでしょう。

家族がいる場合、単独で「中」の状態で使ったそれぞれの1か月の費用は以下の通りになります。

ガスヒーター4,200円程度
電気ストーブ6,500円程度
電気ヒーター6,000円程度
オイルヒーター7,000円程度
電気カーペット1,200円程度(3畳)
こたつ4,000円程度

ガスヒーターはエアコンより、電気代が安く、部屋全体を暖めることができるものの、設置場所の問題や工事が必要なこと、そしてガス漏れの心配から、そんなに浸透していないようです。

他の暖房器具は、単独で使うと電気代がかかりますし、本格的な寒さには耐えられませんよね。

それに、部分的にしか暖めないので、トイレや脱衣所など、短時間だけ暖める場合に使うのがいいでしょう。

電気代を考えると、電気カーペットのほうがいいとはいえ、こたつが欠かせないという人は、電気カーペットの上にこたつ用のテーブルと布団を置けば、こたつ風に暖まることができますよ。

中でも1番費用が高いのはオイルヒーターですが、熱の質がよかったり、空気が汚れず、乾燥しにくい、さらに触っても火傷をしないという、安全面の良さもあります。

どうしてもネックの電気代は、石油ファンヒーター・ストーブかエアコンとはじめは一緒に使い、ある程度暖まってきてから単独で使えば、すこしは電気代が抑えられますし、暖かさが持続するそうです。

もちろん電気代が安く済むことに越したことはないとはいえ、空気の悪い状態で寒がるようでは意味がないですよね。

なので、空気の状態に敏感な人は、電気代が安く済むよう工夫しながらも、自分が冬を快適に過ごせそうな暖房器具を選んだほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

暖房器具に頼りすぎないようにするためのコツ

チエばあ
寒い地方や、寒がりの人など条件によっては、いくら暖房費を節約したくでも、暖房器具の使用を控えることはできないですよね!

そこで使用を控える以外に、暖房器具に頼りすぎないためのコツを紹介していきましょう。

家族で一部屋にいるようにする

単純ですが、大事なことですよね!

こたつに皆して入れば、暖房器具をがんがんかける必要もないですし、人が密集するだけで体感温度は変わってきます。

体の熱を逃がさない服や肌着を着る

実は、寒さを防ぐのには、ただ厚着をすれば良いというわけではないんです。

がばがばで隙間があるようなものや、繊維の網目が粗いものでは、寒い外気が体に入り込んできてしまいます。

なので、ぴったりして、繊維の網目が細かい布の服や肌着を身につけましょう。

ただし、ぴったりしすぎて、締めるようなものは、血行が悪くなるので逆効果です!

ということで、オススメはヒートテックの肌着や、はんてん、ちゃんちゃんこ。

とくにはんてんなどは、昔からあったものなので、日本人の肌に合って、効果抜群でしょう!

暖房器具のスイッチをあまりつけたり消したりしない

暖房器具の電気代が気になって、電源のスイッチをこまめに消している人もいるかと思います。

だが、しかし!そうすると余計に電気代がかかるのです!

暖房器具は低い気温を上げるのに電気や燃料をがんがん使い、ある程度気温が上がると、そんなに使わなくなります。

だから、いちいちスイッチをつけたり消したりすると、そのたびに電気や燃料が使われ、結局、消していた分の節約が帳消しになってしまうんですね。

対して、つけたままでいたほうが、一定して少しずつ電気や燃料が使われるので、全体的には安くなることでしょう。

お腹や腰、首を温める

寒くなると手足など末端の冷えが強く感じられるとはいえ、実はお腹や腰、首を温めたほうが、全身がほっこりするのだそうです。

なので、手足の冷えに悩んでいる人でも、ホッカイロは手足でなく、お腹周りや首にあてて、腹巻をしたり、とっくりのセーターを着たほうがいいでしょう。

どうしても手足の冷えが気になる人は、足湯をしたり、同じように手をお湯に浸からせてあげてはどうでしょう。

気分的に温まった感じがしますし、寒いことで感じていたストレスも、ある程度解消できると思いますよ♪

スポンサードリンク