生活習慣で薄毛・抜け毛は治る!改善方法は?

美容の知恵

スポンサードリンク

加齢とともに、多くの方が「薄毛」「抜け毛」に悩まされている今日この頃です。

この「薄毛」「抜け毛」は、専門家に相談しなくても自分で治す事が出来るのでしょうか?

どうも治す事が出来るようなのです。

まずは「抜け毛」の特徴について考えてみましょう!

「抜け毛」の特徴とは?

1日の髪の毛の抜ける正常な範囲は、50~100本だそうです。

そして一日のうちで、「抜け毛」が一番増えるタイミングが、シャンプーの時だとそうです。

一日の「抜け毛」の5割から7割を占める場合もあるようです。

注意が必要な「抜け毛」とは?

頭皮環境が悪化してしまった場合には、「抜け毛」の状態が変化してしまいます。

頭皮の状態が悪くなってしまう事により、細かい毛や切れたような髪の毛が増えてしまいます。

毛根の状態も、キレイな丸い毛根ではなく、凸凹してしまっていて汚れています。

この状態を放置してしまうと、「気がつくと髪の毛が薄くなっていた!」という事になりかねませんね。

手遅れにならないうちに、髪の毛の状態を毎日チェックする習慣が必要ですね。

スポンサードリンク

「抜け毛」「薄毛」が増えてしまう原因は?

それでは、どうすると「抜け毛」や「薄毛」が増えてしまうのでしょうか?

生活習慣によるもの

  1. 睡眠
  2. ダイエット
  3. 食生活

以上の3つがあげられます。

1番目の睡眠については、睡眠不足になってしまうと、髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなってしまいます。

2番目の食事制限によるダイエットは、体のみならず、髪への栄養までも制限してしまいます。

その結果、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

3番目の食生活ですが、食の欧米化に伴い、高脂肪な食事が増えました。

それにより、血行が悪くなり、髪の栄養不足になってしまいます。

脱毛症やBMI(Body Mass Index)などの因果関係も言われています。

ストレスも関係している!

ストレスは、自立神経の乱れや、老化現象を引き起こす活性酸素を分泌する原因となります。

老化現象は、男性ホルモンの分泌を妨げ、「抜け毛」を増やす原因となります。

怖い、ホルモンバランスの乱れ!

これも実に、怖い事ですね・・・。

男性型脱毛症(AGA)の場合は、加齢などにより男性ホルモンの分泌が下がる事によって起こります。

女性の場合は、加齢や出産によるホルモンバランスの乱れによって「抜け毛」が増える事があるようです。

スポンサードリンク

生活習慣を改善して「薄毛」や「抜け毛」を予防しよう!

「薄毛」や「抜け毛」にならないようにするには、生活習慣の改善が近道になるのではないでしょうか?

それには、どのような事が必要でしょうか?考えていきましょう。

髪に良い食べ物を摂取しよう!

食事

髪の主成分はタンパク質であり、それを構成する主成分が、「アミノ酸」です。

「アミノ酸」を多く含む食品は、髪事態の生成に重要な役割を果たします。

【髪の生成に映画を与える重要成分】
  • ビタミンBを多く含む食品
  • ヨウ素を含む食品
  • コラーゲンを多く含む食品
  • エイコサペンタエン酸を多く含む食品
  • ビタミンA、C、E、Fを多く含む食品

睡眠時間の確保をしよう。

睡眠中に成長ホルモンは分泌されます。

そのため、睡眠は髪の成長に不可欠となっています。

そして、成長ホルモン生成ピークは、夜の22時~午前の2時となっています。

この時間帯は出来るだけ睡眠を取るようにしましょう。

今まで行ってきた悪い生活習慣を改めると事が頭皮の活性化につながりそうですね。

頭皮を傷めないシャンプーを選ぼう!

代表的な3種類のシャンプーをあげてみます。

  1. アミノ酸系シャンプー
  2. 高級アルコール系シャンプー
  3. 石鹸系シャンプー

この中の最もおすすめのシャンプーは、髪の毛の主成分で構成される数十種類のアミノ酸の成分が含まれている「アミノ酸系シャンプー」が、おすすめです。

ストレスを発散しよう!

強いストレスは、自律神経やホルモンバランスの乱れにつながります。

血流が悪くなると毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、「抜け毛」の原因となります。

自分にあった癒しやリラックス方法などでストレスを解消させましょう!

ウォーキングなどやストレッチなどの運動を取り入れるのもいいかもしれませんね。

あくまでも、自分に最適なリラックス方法を見つけてストレスを解消させる事をおすすめします。

飲酒や喫煙を控えよう!

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血流を悪くさせます。

ビタミンCが消費されてしまうと髪の毛に十分な栄養が行き渡らなくなります。

すると、「抜け毛」の原因になってしまいます。

アルコールも体内で分解される際に、髪の毛を生成するアミノ酸・システイン・メチオニンなどの主成分を消費します。

それに、過度な飲酒はアセトアルデヒドが分解できなくなります。

そして体内を駆け巡りDHT(ジヒドロテストステロン)を増加させてしまうので注意しましょう。

やはり、アルコールなどは、ほどほどで適量が一番いいですね。

スポンサードリンク

まとめ

たくさんの悪い習慣が出てきましたね。

気が付くと、何気に普段の生活で行ってしまっている事もありました。

特にチエばあは、お酒が大好きなんです。

もしかしたらそれが、「抜け毛」「薄毛」の原因になっていたのかと思うとぞっとします。

今からでも遅くないので、今日から生活習慣を改める事を誓いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク