景色!食!遊び!秋の紅葉を10倍楽しむ方法!

秋 秋の知恵

スポンサードリンク

これから、秋が深まってきますね。

葉の色も赤や黄色に、色づき始めます。

しかし、紅葉を楽しめる期間は、約1〜2ヶ月ぐらいしかないのです。

そこで今回は、紅葉を10倍楽しむ方法を、ご紹介したいと思います!

空の旅からの絶景

ロープウェイ

日本には、数々の紅葉スポットがあります。

中でも、紅葉をロープウェイから眺めるのが、1番楽しめるのでは?

そこで、おススメな場所を、選んでみました!紅葉を観に行く際に、参考にしてみて下さい。

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ

長野県にある、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ。

標高2612mの、千畳敷に架けられたロープウェイ。そこから見える、紅葉は黄金色に輝く、絶景だそうです。

また、紅葉が楽しめる、ロープウェイ全国1位に選ばれたこともあります。

見頃は、10月下旬から11月中旬までです。

中央アルプス 駒ヶ岳ロープウェイ

新穂高ロープウェイ

新穂高ロープウェイは、岐阜県で3位に選ばれるほど、人気が高い紅葉スポットです。

日本唯一の、2階建てゴンドラに乗り、北アルプスの絶景を、楽しめます。

北アルプスと、紅葉が織りなす美しさは、まるで絵画のようだと言います。夜には、紅葉ライトアップも、楽しめます。

見頃は、9月下旬から10月下旬頃です。

【公式サイト】新穂高ロープウェイ

箱根ロープウェイ

箱根は観光地として、有名ですよね。

箱根ロープウェイでは、紅葉以外にも、深い谷や富士山や芦ノ湖の絶景も、楽しめますよ。

全てガラスのゴンドラにのり、全長4000m絶景へと、ご案内します♪

特に、大涌谷駅から早雲山駅の間に見える、芦ノ湖を彩る紅葉は、絶景だそうです!

見頃は、10月下旬頃〜11月中旬です。

箱根ロープウェイ

スポンサードリンク

紅葉って食べれます!

もみじ

関西の人は、お馴染みだと言う「もみじの天ぷら」。

もみじって食べる物なの?!と、気になったので、調べみました!

もみじの天ぷら

もみじの天ぷらは、和食の天ぷらのことではありません。もみじを、甘く揚げたお菓子だそうです。(例えるなら、かりんとう。)

もみじ天ぷらは、1300年程前に、箕面山に入った修行者が、滝に映えたもみじの美しさに感動しました。

そして、もみじ天ぷらを作り修験道場を訪れる旅人に、食べさせてあげていたことが始まりです。

今では関西を中心に、定着している、伝統的な銘菓です。

日本ならではのお菓子に、海外メディアからも注目されているようです。

ネットでも購入できますよ♪

 

スポンサードリンク

紅葉は景色だけじゃない!

落ち葉

紅葉を使った、子供に喜んでもらえる遊びを、ご紹介します!

落ち葉だって、遊び道具!

道端や公園に、散ってしまった葉も、色鮮やかで、綺麗な落ち葉がありますね。

子供からしたら、そんな落ち葉も、遊び道具に変身!

落ち葉シャワー

落ち葉をたくさん集めて、上から放り投げましょう!

ひらひら〜と舞い落ちる、綺麗な落ち葉に子供達は、テンション上がります♪やんちゃな男の子は、特に楽しんでくれる遊びだと、思いますよ!

芸術の秋にも落ち葉を

秋は、芸術の秋とも言われますね。

綺麗な落ち葉を使った、工作はいかがでしょうか?例えば、「落ち葉の冠」です!

  1. 画用紙を帯状に切り、頭の大きさに合わせて、輪っかにします。
  2. 落ち葉やドングリを、輪っかにした画用紙に貼り、完成です!

秋は、ハロウィンもありますね。自分だけの、オリジナル冠が作れます♪

ペタペタ貼ろう

子供は、シールとかを貼るのが、大好きですね。ママと一緒に、ステキな作品を作りませんか?

お散歩で拾ってきた、綺麗な落ち葉にのりを付けて、画用紙にペタペタ貼るだけ!絵を描いたりするのも、いいですね♪

落ち葉の、色や形から、色々な想像が生まれます。

子供の創造力に、ママも一緒に楽しめるかと、思いますよ♪

スポンサードリンク

まとめ

紅葉を10倍楽しむ方法!いかがでしたか?

私は「もみじ天ぷら」が、すごく気になりました!もみじの味って、どんな味なんだろう。

さっそくネットで、探して見たいと思います!皆さんも、紅葉を満喫して下さいね♪

 

 

スポンサードリンク