夏休みの宿題、知恵ばあはいつも最終日まで持ち越してしまうタイプでした。
そんな時、早く済ませとけばよかった~と心底後悔するのが、
「自由研究」です。

中学生 理科 自由研究
こればかりは、いくら徹夜でもなかなか済ませられません。
ましてや、他の宿題が残っているときに、実験なんてしてられませんよね!

そこで、今日は中学生男子、女子のご要望にお応えして、
夏休みの自由研究 中学生の理科 一日でできるのは?
についてご紹介していきたいと思います。

その1 コーラが大爆発!?メントスコーラの実験

用意するもの:コーラなどペットボトル入り炭酸飲料を数種類、メントス、カメラ、図り

実験の場所:屋外

所要時間:2時間程度

****

コーラのペットボトルに、メントスを入れると、勢いよく中のコーラが噴き出す現象が起きます。
これは、メントスガイザーと呼ばれ、アメリカで素人の実験ブームを巻き起こしました。

このメントスガイザーについて、メントスとどの炭酸印象の組み合わせが、
最も液体を噴出させるのかを実験するのがメントスコーラの実験です。

最も効果が高いのは、ダイエットコーラと言われています。
コーラの種類を変えたり、炭酸水やラムネにしてみたり、組み合わせを変えて噴き出した液体の量を測ります。

液体は、残ったほうを測り、最初の量との差で、噴出した量を知ると良いでしょう。
また、ペットボトルから勢いよく噴き出すシーンをカメラに収めて、レポートに貼ると良いでしょう。
イラストでもよいかもしれませんね^^
この実験のゴールは、以下をレポートにまとめることです。

・メントスガイザーが起こる仕組みとは?
・どの飲料とメントスの組み合わせが、最も高い効果を出したか?
・なぜ、発見した組み合わせが最も高い効果を出せたのか?
(仕組みから考えて、自分なりの意見を書く)

メントスガイザーの仕組みは、インターネットで調べれば色々と書かれていますので、
それを読んで自分の言葉でまとめると良いですね^^

ちなみに、噴き出す原理を利用して、こんな発明をした子もいるみたいですね^^

工作もかねて、こうした装置を作ってみても面白いですね。

スポンサーリンク

その2 10円玉をピカピカにして金運アップ!?還元の実験

酸化・還元は中学校の理科で習うテーマの一つですね。
これを、家庭にあるもので簡単に実験できるのが、
10円玉をピカピカにする自由研究です!

用意するもの:10円玉をたくさん、綿棒たくさん、キッチンにある調味料・洗剤

実験の場所:屋内

所要時間:2時間程度

****

10円玉は銅でできています。
新品のときはピカピカなのに、数年たつと黒ずんでしまうのはなぜなのでしょう?

いろんな人が触って手垢がついているから?

いいえ、実は10円の黒ずみは、酸化(酸素がくっついて起こる)という現象です。

この実験では、キッチンにあるものを使って、
10円の汚れが酸化によるものだということを証明していきます。

・綿棒に洗剤を付けて10円をこすってみる
⇒汚れはほとんどおちません。

・ケチャップ、マヨネーズ、しょうゆ…1種類ずつ綿棒に付けてこすってみる。
それぞれ汚れの落ち具合を、写真に撮ってレポートに貼り付けましょう。

rikanojikken
出典:http://tyugaku.net/

・種あかしをすると、酢+食塩の入っている調味料は、汚れが落ちるでしょう。
つまり、銅の酸化を還元するには、お酢と食塩が必要という答えが導き出されます。

この実験のゴールは、以下をレポートにまとめることです。

・酸化還元のしくみ
・10円玉をピカピカにした調味料を調べ、それぞれを比較して共通する成分を導き出す。
(酢、食塩になると思います。)

それぞれ、写真を付けて順序立ててレポートにまとめると良いでしょう。

また、10円玉以外に身近な酸化還元の例を挙げても面白いですね^^

今回は2つの実験をご紹介しましたが、どちらも実験はそんなに時間はかかりません。
レポートを上手にまとめるほうが大変かと思いますが、
写真をたくさん乗せると、分かりやすいレポートになると思います。

理科の自由研究は夏の思い出にもなりますので、
大変かと思いますが頑張ってくださいね^^

スポンサーリンク