お葬式ネックレスパールお葬式や告別式の時、

ネックレスを付けていくか
悩むこともあります。

アクセサリーについてもマナーが
ありますので、きちんと
確認していくほうが良いですね。

今日は、お葬式のネックレス
ついてまとめてみました。

スポンサーリンク

お葬式にネックレスはしていくべき?

葬儀に参列する場合、
基本的にはアクセサリーはしなくても
大丈夫です。

ただ、結婚指輪やネックレス、
ピアスを付けている女性は多くいます。

ネックレスやピアスは、
なるべくシンプルできらびやかでない
物を選びましょう。

定番はパールのアクセサリーです。

真珠は涙を表すといわれ、
故人をしのぶアクセサリーとして
よく身に着けられます。

着物の喪服では、アクセサリーは
着けないほうが良いといわれています。

黒真珠ネックレスやホワイトピンクパールはOK?

スポンサーリンク

お葬式のアクセサリーで定番である
真珠ですが、つけていく場合は色や大きさに
注意が必要です。

色は白、グレー、黒のいずれか。
大きさは7~8ミリで、粒のそろったものが良いでしょう。

黒真珠でも、ピーコックグリーンは
避けたほうが無難です。
ピーコックグリーン真珠ネックレス

色は黒っぽいですが、七色に光って
華やかな印象になるので、お葬式には向きません。

また、ピンクパールも避けたほうが
良いでしょう。

黒珊瑚やオニキスはお葬式でも使える?

黒真珠と並んで、黒珊瑚オニキス
アクセサリーも喪服に合わせるジュエリーと
言われていますが、どちらも光沢が
あるので、葬儀では避けるのが良いようです。

葬儀以外の法事で着けるのは問題ないでしょう。

また、真珠と並んで正式なジュエリー
と言われているのが、ジェットです。
イギリス王室や、日本の皇室でも
使われています。
ジェットネックレスお葬式

ジェットとはあまり聞きなれないかも
しれませんが、木の化石のこと。
魔除けやお守りとしても重宝されてきた
宝石です。

お葬式用アクセサリーの購入を
考えているのなら、ジェットを候補に
いれてみてはいかがでしょうか。

お葬式のネックレス 長さの決まりはある?

お葬式のネックレスの長さは、
短いほうが良いでしょう。

正式には、チョーカータイプ(約38センチ)
またはプリンセスタイプ(約42センチ)
と言われています。

長すぎるものを二重にまくなんて
もってのほか!
ネックレスは一連以外はNGですよ~!
(不幸が重なる、と考えられるためです。)

長いものしか手元になければ、
着けていかないほうがよいですね。

迷った場合は、つけていかないのが
一番安心できるのでおすすめです。

スポンサーリンク