お葬式の服装 男女
お葬式の服装
黒のスーツで行くのは
NGです!

特に若い方は喪服を持っていない
場合もあるかと思いますが、
お葬式のマナーはしっかりと
抑えておきたいですね。

今日は葬儀の服装、男性の
場合についてまとめてみました。

男性の喪服のルールとは?葬式は黒スーツでもいい?

スポンサーリンク

お葬式に参列する際、男性も女性も
ブラックフォーマルで行くのが基本です。

いわゆる喪服のことですが、
男性は一見、黒いスーツと同じでは?
と思ってしまいますよね。

ですが、喪服と黒いスーツは、
一目で違いがわかります。

葬儀は基本的に光物はNGとされて
います。そのため、喪服の生地は
光を反射しにくい仕上げになっているのです。
なので、喪服はスーツに比べて、
深い黒色に見えます。

そのため、納骨の際など外に
出たときには、特に違いが目立ってしまいます。

喪服をお持ちでない場合は、
1着用意しておくことをオススメします。

喪服に合わせるシャツ、ネクタイ、ベルトは?

喪服 靴下 男性喪服の場合、合わせるのは
・白シャツ
・黒ネクタイ
・黒いベルト
が基本です。

白シャツの襟は、レギュラーカラー、
ワイドカラーどちらでもOKです。
ダブルカフスのシャツの場合は、
カフスボタンは黒×シルバーの
ものを選びましょう。

黒ネクタイは、無地のものを
選びます。
結ぶ際は、ディンプル(結び目の
下のくぼみ)は作らないほうが良いでしょう。

葬式の靴下は何色?靴選びの注意点

スポンサーリンク

喪服の靴は、黒くて光沢のないもの
選びます。

エナメル素材なんて言語道断!

形はシンプルなものならなんでもよいでしょう。

靴下も黒い無地のものを選びます。

お寺では靴を脱ぐことも多いので、
気を付けたほうが良いでしょう。
穴が開いていないかも注意してくださいね。

お葬式のハンカチの色は?

葬儀の際のハンカチは、
男性ならポケットに入れておきます。

色は黒か白が良いでしょう。
そのほか、アクセサリー類
男性の場合は結婚指輪以外
基本的にNGです。

髪の毛は清潔感のある
長さ、色が良いですね。
この日ばかりはファッションに
こだわるよりも、マナーを
守って参列したほうがカッコイイ
ですので、若い方にも注意して
もらいたいものです。

スポンサーリンク