洗濯物が夜干しっぱなしになっている光景を見る機会が多くなってきました。昔だと、だらしのないことと思われていたのが、今ではそれほど珍しいことではなくなっています。私が子供のころは、洗濯物を夜干しっぱなしにすると縁起が悪いと言われていたのですが、そうではないのでしょうか?どうして縁起が悪いと言っていたのか調べてみますね。

Sponsored Links

どうして夜に洗濯する人が増えたの?

洗濯物雨どうする外干しベランダ

洗濯物が夜ベランダに干したままになっている家庭も多くなってきています。

それは昔と今では、家庭内の状況が変わってきているからだともいえます。

昔は専業主婦が多く、掃除や洗濯などの家事をするのにも時間にゆとりがありました。

しかし、今の主婦は家事も当然しなければいけませんが、外に仕事に出る人が多くなってきています。

そのため、朝はご飯の支度やお弁当、子供や旦那の身支度などで時間に余裕がありません。

そこで、洗濯を夜にする主婦が増えてきたのです。

今の洗濯機は静穏性に優れているので、洗濯機の音も近所迷惑にならなくなったのも、夜に洗濯する人が増えた理由といえます。

Sponsored Links

洗濯を夜干しすると縁起が悪いって本当?

チャタテムシ駆除赤ちゃんアルコール殺虫剤

私も夜に洗濯を干したら縁起が悪いと聞いたことがあります。

この言い伝え?は古くからあったようで、母親もおばあちゃんに言われて育ってきています。

だから私が子供のころは、母親が夜に洗濯しているのを見たことがありませんでしたし、近所でも夜干ししている家はありませんでした。

それは、夜干ししたら縁起が悪いからなのでしょうか?

調べてみると、こんなことわざがありました。

「夜干しは赤子がなく」です。

このことわざは、赤ちゃんの衣類を夜洗濯して干すと、夜露で衣類が冷たくなるので夜泣きが止まらずに赤ちゃんがぐずるという意味だそうです。

他にも、亡くなった人の衣類は夜に干すという習慣があったので、生きた人間に同じことをするのはいけないので、夜干しする人はいなかったようです。

でも、そんな言い伝えも徐々に消え、現在では夜干しが一般的になってきています。

洗濯物の夜干しも外干しはNG!

洗濯物を夜干しする場合でも気をつけたいのが干す場所です。

室内に干すか外に干すかで違いがあります。

私の近所でも夜干しする家庭はあり、外に干している人もいます。

外に干す理由は、外の方が早く乾くし、朝外に出す時間がないので、夜のうちに出しておくという理由でした。

でも、デメリットはあるようです。

それは「虫と虫の卵」です。

洗濯物を取り込むと虫が紛れていたり、洋服に黒い卵らしきものが付着していたりと・・・。

そんな経験をした人は、外から室内へと干す場所を変更しています。

私も虫が紛れていた経験があったので、夜干しする場合は必ず室内干しにするようにしています。

虫だけの場合は洗濯物を畳むときに気がつきますが、虫の卵の場合は付着しているのに気づけばいいですが、気づかずに箪笥の中で孵化して大量発生する場合もあります。

夜干しする場合は、室内に干すようにしましょう。