レーヨン素材を自宅で洗濯して縮んだ!レーヨンの衣服を着るとしわになる!という経験はありませんか?レーヨンを自宅で洗濯するには、レーヨンの特徴を理解することがポイントになります。また、縮んだレーヨンの衣服も元に戻すことができますよ!ここでは、レーヨンを洗濯して縮んだ時に元に戻す方法と、自宅で洗う際の注意点をまとめました。

Sponsored Links

レーヨン素材の特徴とは?

レーヨンの主原料は、紙と同じ木材のパルプです。

レーヨンは、洋服の裏地や女性下着などによく使用されている素材です。

吸水性や吸湿性に優れており、肌触りがサラッとしているので春夏向けの素材といえます。

また、染料をよく吸収するので深みのある色が出て、シルクのような光沢ももっています。

そして、柔かいわりには重さのある素材なので、ドレープ性に優れており、ドレスの素材としても優れた素材です。

原料が木材という自然素材からできていますので、土に還ることができる素材でもあります。

レーヨンが縮む原因は、水に浸けると繊維が水分を吸収し、膨らんで太くなる性質があるからです。

こうなると繊維同士の間隔が狭くなり、この状態のまま乾いてしまうと、全体の長さが縮んでしまうことになります。

この現象を「膨潤収縮」と言うそうです。

また縮み以外にも、シワになりやすい素材です。

水に浸けることは、しわや毛羽立ちの原因にもなるので、レーヨンは出来る限り水に触れさせないことが得策です。

Sponsored Links

レーヨン素材の洗濯方法

a57cc5ba49a8dc8aaa928a4c5c01038f_s

レーヨン素材は、水に浸ける時間が長ければ長いほど縮みやすくなります。

そのため、洗濯機での洗濯には向いていません。

手早く1~2分の間に手洗いで仕上げるのが基本なんです。

しかし、たったこれだけの時間でも、汗などの水溶性の汚れを落とす方法をご紹介します。

まず、中性洗剤とゴム手袋、たらいやシンクなどを準備します。

たらいまたはシンクに水を張り、中性洗剤を容量を守って入れて溶かします。

その中にレーヨン素材の衣服を軽く畳んだ状態で30秒程度押し洗いします。

次にすすぎをします。

洗濯物は絞らず、汚れた水を捨てて新しい水に入れ替えます。

20秒程度で押し洗いをし、すすぎをします。

同じように二回繰り返してください。

次に脱水をします。

脱水でも洗濯物は絞らず、洗濯機に投入して30~40秒くらい脱水にかけます。

これで洗い・すすぎ・脱水は終了です。

レーヨンは直射日光に当てると変色してしまうことがあるため、陰干しで干してください。

縮んだ洗濯物を伸ばすためには、平干しネットを使用せず、あえてハンガーにかけて干しましょう。

少し引っ張りながら形を整えるように干すといいですよ。

縮んだレーヨンはどうする?

アイロン

衣類が縮むのは、繊維の編み目が詰まってしまうことが原因です。

このつまりを直せば縮みは改善できます。

とはいえ、どれほど注意していたとしても、レーヨンは縮みやすく、洗濯するうちにどんどん縮んできてしまいます。

縮んだレーヨンの縮みを元に戻すには、アイロンを使用した方法が最適です。

アイロンを低温に設定し、温まったら衣類の片側を固定します。

もう片方を引っ張りながらアイロンを浮かした状態で当てていき、伸ばしていくと元に戻ります。

また、着用の際にできるしわも、アイロンで回復することができます。

しかし、レーヨンは水に弱い素材ですのでスチームの使用は避けましょう。

必ず当て布をし、ドライアイロンをかけてください。