エアコンをつけて快適に過ごす家庭が多くなっています。そのエアコンが故障してしまったら大変です。急に壊れてしまうと大変なので、エアコンの寿命目安を知っておくようにすると備えられます。さらに買い替え時期やお得に購入できる月を把握することで賢く買い替えができます。今回は、エアコンの寿命目安・買い替え時のお得な月を紹介します!

Sponsored Links

エアコンに寿命はある?

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s

家庭で大活躍しているエアコンですが、エアコンにも目安ですが寿命があります。

一般的な家電製品の寿命目安は約10年といわれています。

エアコンの目安も約10年になります。

私の家のエアコン・・・今年で10年になるので、買い替えを考えておくほうがいいですよね。

最近エアコンは、購入するときに標準試用期間10年と表記したシールが貼られているようなのでわかりやすいですが、貼られていないエアコンも約10年が寿命と覚えておくようにしましょう。

この寿命が決められているのには、そのエアコンに使われている部品に関係があるようです。

どのメーカーでも部品の保有期間が決まっていて、それが約5年~9年とされているので、9年を過ぎて壊れたとしても部品がないため修理してくれないケースがとても多いです。

私もいちどエアコンではありませんが、石油ファンヒーターが壊れたときに修理をお願いしようと電話すると「部品がないので修理できません」といわれたことがありました。

これは石油ファンヒーターに使われている部品の保有期間が過ぎてしまったためです。

このように部品がないことで修理ができない場合が多々あるようなので、修理ができないとなると買い替えを考えるしか方法はなくなります。

5年~9年の間に故障した場合は修理も選択できますが、9年以上経ってから故障した場合はあ、買い替えを頭にいれておくようにしましょう。

Sponsored Links

エアコンを買い替えるときのポイントとは?

9736c49c3afcf205c042c057f6b560b6_s

では、エアコンにどんな症状が起こると買い替えを考えたほうがいいのかまとめますね。

「冷房や暖房の効き目が悪くなる」

この症状はすぐにわかりますよね。

そのときの外の温度にもよりますが、クーラーの温度設定はキチンとできているのに暑い・寒いと感じる。

故障していない場合は、掃除をすることで改善されますが、掃除をしても効いていない場合は寿命が近づいていると考えてください。

全く効いていない場合は、冷媒ガスが漏れているかガスが切れている可能性が高いです。

メーカーに問い合わせて相談してみてください。

「エアコンから水滴が落ちる」

私の家の子供部屋でいちどエアコンから水滴が落ちていたことがありました。

エアコンからの水滴の原因の多くは、エアコンの内部が汚れているために起こるケースが多いようです。

私の家の場合は、エアコンの内部ではなくホースに昆虫?虫?コウモリ?正体はわからないのですが詰まっていて水が排出できないために部屋に水滴が落ちました。

長期間使っていなかったために起こったようです。

皆さんも使っていないエアコンは外のホースで入り口を閉鎖しておいたほうがいいですよ!

「エアコンの音が大きくなる」

通常しない音がした場合は、どんな電化製品でも「壊れているの?」と考えてください。

エアコンの場合も寿命が近くなると通常しない音がします。

特に室外機の音は変化しやすいので、見過ごさないようにしましょう。

エアコンを安く購入できる月は何月?

d06fb0f28c291780d863d700330cfe70_s

エアコンを購入する場合は高額なので家計にかかる負担も大きくなってしまいます。

できれば安く購入したいですよね!

エアコンの機能は考えずに安いエアコンを購入したい人は、8月上旬が安く購入できます。

エアコンコーナーに行くとわかりますが、壁一面にクーラーが飾られています。

沢山のクーラーを用意しても売れない場合は、在庫を処理しようとクーラーを展示し始める6月よりも価格は8月上旬のほうが安くなります。

多機能のクーラーを購入したい場合の狙い時は、9月~10月です。

これは、エアコンの新モデルがどのメーカーも大体10月発売になるので、旧式を売るために価格を下げてくるからです。

旧式といっても1年前の製品なのでさほど変化はないので、狙い時です!

エアコンは家庭では寒さ・暑さを凌ぐ大切な電化製品なので、自分の家のエアコンの状態を小まめにチェックしてみてくださいね。