主婦を悩ます頑固な汚れが簡単に落ちると人気なのがウタマロ石鹸ですが、固形とリキッドがあるってご存知?配合成分に違いがあり、使い分けるのが賢い方法なんです。でも、ウタマロ石鹸には体に危険な成分が配合されているとの噂が!?ウタマロ石鹸のリキッドと固形の効果の違いについて、また、成分が危険って本当なのかについてまとめました。

Sponsored Links

ウタマロ石鹸 固形とリキッドの違いとは?

ウタマロ石鹸は、通常の洗濯では落ちにくい、黄ばみや黒ずみ、泥汚れといった頑固な汚れを落とすための石鹸で、部分洗い用の洗濯石鹸です。

ウタマロ石鹸の最大の特徴は、その強力な汚れ落としの力です。

ユニフォームや靴下の泥汚れから醤油・ソースなどの食べこぼし汚れ、ボールペンなどのインク汚れ、ワイシャツなどの襟・袖の皮脂汚れ、ファンデーションや口紅などの化粧品汚れなど、いろいろな汚れに活躍します。

また、除菌・消臭効果もあるので、日頃気になっている臭いも一緒に除去することができます。

水に溶けやすい石鹸なので、汚れや生地になじみやすく、生地も傷めにくいです。

さらに、石鹸としては珍しく、衣類の白さを取り戻すために蛍光増白剤が配合されています。

ウタマロリキッドもまた石鹸同様、、通常の洗濯ではなかなか落ちにくい頑固な汚れをしっかり落とす部分洗い用の液体洗剤です。

リキッドの主な洗浄成分は、手肌と環境にやさしいアミノ酸系洗浄成分ですので、生地にやさしいだけでなく手肌にもやさしいため、頻繁に部分洗いをする方にはおすすめの洗剤です。

ウタマロ石鹸は、弱アルカリ性で蛍光増白剤が配合されていますので、きなりやオフホワイトなどの淡色の衣類に使用すると白っぽくなることがあります。

白い衣類には威力を発揮しますが、色柄物への使用は、色落ち・変色の可能性があるためおすすめできません。

色柄物への使用は、中性・無蛍光のリキッドが適しています。

また、ガーゼ素材やパステルカラーといった、優しい色の多い赤ちゃん用の衣類や小物には、中性洗剤での洗濯が適しています。

弱アルカリ性の洗剤は洗浄力が高すぎ、生地を傷めたりゴワゴワとした肌触りになってしまいますので、リキッドでの洗濯がおすすめです。

Sponsored Links

ウタマロ石鹸の成分は危険!?

カレーしみ紫外線洗濯での落とし方

ウタマロ石鹸には蛍光増白剤が配合されていますが、この蛍光増白剤が環境や健康に悪影響を及ぼす成分であると言われており、ウタマロ石鹸は体に危険なのではないかと噂されているようです。

家族の衣類を毎日のように洗濯している主婦にとっては、いくら汚れが落ちるとはいえ、体に危険なものを使うことには抵抗がありますよね。

特に小さな子どもがいるご家庭ではなおさら心配です。

この蛍光増白剤は蛍光剤とも言われることがあり、紫外線を吸収して、青白い色に見せる成分です。

白い色の布製品をこの蛍光増白剤で染めることで、白い色がさらに白く見えるようになるのです。

蛍光増白剤は洗浄成分ではなく、言うなれば染料成分なのです。

蛍光増白剤には発ガン性があると言われており、その理由として、食品添加物として認められていないことや、医療用の包帯やガーゼなどに使用が禁止されていることなどがあります。

しかし、蛍光増白剤の発ガン性について、実験結果から発ガン性はないということが実証されています。

また、食品添加物として認められていない理由は、蛍光増白剤がもともと食品の加工や保存に使用するために作られた成分ではないからです。

そして、医療用として使用禁止されている理由は、医療用の包帯やガーゼにリサイクルした繊維を使用してはいけないと決められているからです。

蛍光増白剤の成分が配合されているウタマロ石鹸ですが、その成分が安全なことは、公式サイトでも紹介されています。

ウタマロ石鹸は環境にもやさしい!?

ウタマロ石鹸の原材料成分は微生物に対する作用も穏やかなので、排出された後、微生物の働きにより環境に影響を与えない低分子化合物に分解することができます。

また、植物が炭酸ガスを吸収することが地球温暖化防止に役立っていますが、ウタマロ石鹸の原料となる植物性油を生産し続けるのに必要な植物を育て続けることは、地球温暖化防止につながっています。

さらに、ウタマロ石鹸には、一部外食産業などで使用された植物性の食用油を精製し、リサイクルした油を使用しています。

ウタマロ石鹸は、自然環境にもやさしい洗濯アイテムなのです。