花粉症 まぶたの痙攣 原因

急にまぶたがピクピク痙攣する
こと、ありませんか?

目の疲れかしら、と思って
気にしないことが多かったのですが、
頻繁に起こるようなら、それは病気
などの疑いもあるようです。

まぶたの痙攣の原因は?病気や自律神経に関係アリ?

スポンサーリンク

まぶたの痙攣の原因として考えられる
ことに、自律神経の乱れがあります。
それが悪化るすと、自律神経失調症
という病気になってしまうことも。

 
自律神経が乱れ、自律神経失調症に
なってしまうと身体的な症状や
精神的な症状など人それぞれに
よって様々な症状が現れてしまいます。

自律神経失調症の症状の特徴は精神的、
身体的症状が継続的に長期間現れ続け、
主な身体的症状には筋緊張性頭痛や
偏頭痛があらわれるケースが非常に多い
ようです。

まぶたの痙攣は、
自律神経失調症の典型的な症状と
言われています。

この、まぶたの痙攣があらわれると
脳の病気を疑う方が多いのですが、
この症状の原因の95パーセントは
ストレスによるものと言われています。

 

その他にはドライアイや下痢、
便秘手足のしびれ、性欲の衰退などの
身体的症状があげられています。

 

精神的症状は、人前で緊張しやすくなる
対人恐怖症や不安感不安感、不眠、
摂食障害集中力の低下など
個人差がありますが、このような症状が
あらわれている場合は自律神経失調症の
可能性があります。

 

自律神経失調症の原因は夜勤や
夜更かしなどで生活習慣が不規則に
なっている場合や環境の変化や人間関係、
仕事のからくるストレス、女性ホルモンの
影響などが自律神経に影響を与えるといわれています。

自律神経失調症の症状は、花粉症にも似ている

スポンサーリンク

自律神経失調症の症状はその他にも、
目が疲れショボショボしたり
涙目になったりするものがあります。

 

症状が花粉症と似ているため、
花粉症だろうと放置したり、
アレルギーの薬を摂取したり間違った
対処をしがちです。
症状には個人差がありますので治療方法も、
タイプによって若干変わるのですが、
カウンセリングなどの心理療法や薬物療法
があります。

また、セルフケアによる方法も有効で、
十分な睡眠時間を確保し、栄養バランス
のとれた食事を行うなどの生活習慣の
見直しも大切です。

そのほか、スポーツや音楽鑑賞、
趣味の時間などでストレスを解消すること
が有効なようです。

スポンサーリンク