遺伝子検査という言葉を最近聞いたり見たりする機会が増えてきました。特に子供に遺伝子検査をする親御さんが多くなっているようです。遺伝子検査をすることで、子供の才能や病気などもわかるため人気になっています。自分の子供の才能や病気がわかるのなら「やってみたい!」と考えるのもわかります。今回は、遺伝子検査についてまとめます。

Sponsored Links

遺伝子とCNAは違うの?遺伝子検査とは?

いとこの子供 呼び方 正式

DNAと遺伝子って違うの?と単純に思ってしまう人も少なくありません。

この2つにはキチンとした違いがあるので説明しますね。

子供は両親のDNAを引き継いで生まれてきます。

DNAの正式の名前はデオキシリボ核酸という物質で頭文字3つを取ってDNAと呼ばれている記録媒体の名前です。

そのDHAを記録しているのが遺伝子になります。

わかりやすく言うと図面に書かれている情報が遺伝子で、紙がDNAということになります。

音楽で例えると、音楽が遺伝子で録音するカセットテープがDNAということです。

遺伝子情報は、DNAの並び方で決まります。

人の紙の色や顔立ちは、両親から受け継いだDNAで決まります。

そしてDNAが違うからこそ人の個性や形に違いがあるのです。

では、遺伝子検査とは何の検査をするのでしょうか?

遺伝子検査は、遺伝子の持つ情報を分析し、生まれながらになりやすい病気や体質を知ることができます。

病気で病院を受診した時は「近親者でガンにかかった人はいますか?」と聞かれますよね。

これは両親や祖父母・親戚の中にガンのDHAをもった人がいると受け継がれるため聞かれるのです。

遺伝子検査をおこなうことで、生まれながらにもったかかりやすい病気を知ることができ、予防をしていくことができるというわけです。

Sponsored Links

遺伝子検査で子供の才能がわかるって本当?

子供

DNA型遺伝子は2万個以上もあり、検査することで体質や病気だけではなく能力や性格などに関することも調べられます。

持久力や瞬発力・記憶力や集中力なども調べることができます。

性格に関しても、消極的・自信家・我慢強いなどがわかります。

遺伝子検査をおこなうことで、隠れた才能や性格を把握することができるので、子供にあった力を最大限に引き出すことができます。

運動面に優れている場合は、小さい時から運動方面の習い事をさせたり、記憶力がある子供にはその力を発揮できる道へと導いてあげれることができます。

両親にとってはメリットが多いため、子供の遺伝子検査は人気があるようです。

遺伝子検査で人気の商品「MYCODE(マイコード)」とは?

遺伝子検査をしている業者は最近では多くなってきています。

その中でも人気なのが「MYCODE(マイコード)」です。

どんなところが人気になっているのか紹介しますね。

マイコードでの遺伝子検査は唾液を郵送するだけの超簡単な検査方法になります。

病院で調べると時間がとても長くかかりますが、マイコードならWEbで会員登録し検査キットを購入し、自分で唾液を採取し郵送するだけで検査できます。

他にも、マイコードでは遺伝子検査はもちろんですが、その結果が出た後のアフターケアーが充実しています。

有料オプションではありますが、マイコードには管理栄養士などの専門家が常駐しているので、生活改善の指導をしてくれ、これからの病気を予防することができます。

忙しいけど遺伝子検査をしてみた・させたいと考えている人には、マイコードがおすすめです。