怪我をした時は痛さでわかりませんが、気がつくと血液が服についてしまっているときがあります。血液が服についてしまうと落ちにくいと聞きますが、通常のように洗濯するばよいのでしょうか?それとも、もっと良い落とし方がありますか?今回は服に血液がついたときの落とし方や洗濯方法、そして気づかずに放置した時の対処法を紹介します。

Sponsored Links

どうして血液のシミはとれにくいのでしょう?

カレーしみ紫外線洗濯での落とし方

服に血がついてしまうケースはなにかと多いです。

子供なら遊んで転んでしまうケース、女性なら生理で汚してしまうなど注意してもつけてしまいます。

でも、血液が服についた場合は「落ちにくい!」とよく聞きますよね。

どうして血液は落ちにくいのでしょう。

理由は血液中のタンパク質が原因です。

血液もつけてすぐに水洗いすると簡単に取れるのですが、時間がたつと血液中のタンパク質が硬化してしまいます。

凝固してしまった血液は水洗いだけでは落とすことができなくなってしまうので、血液が服についたと確認した時点で洗える環境ならすぐに洗うようにしてください。

Sponsored Links

血液が服についてから時間が経った場合の対処法

カレーしみ紫外線洗濯での落とし方

家の中で服に血液がついたときは、すぐに水洗いもできますが、子供は外出しているときに怪我をする時が多いです。

そんな時の対処法を紹介しておくので、小さい子供のいるお母さんは覚えておいてくださいね。

外出先で血液がついた場合は応急処置をします。

まずは、乾いたティッシュで血液をできるだけ取り除いてください。

次に塗らしたハンカチなどで、血液がついた面から内側に向かって軽く叩きハンカチにに汚れを移しとります。

このときの注意点は、血液のついた裏側からすると輪ジミとなって血液が残る可能性が高いので、血液がついた面から叩いてください。

血液がシミになって取れないとき・時間が経ったときの洗濯法

応急処置がうまくいかなくてシミが残ってしまったとき、血液がついたのに気づかずに放置してしまったときの洗濯法を紹介しますね。

シミになったとき・時間が経った血液は水洗いでは落ちないので下記の方法で落とすようにしてください。

「マジックリン」

マジックリン?お風呂掃除の洗剤ですよね。

これで血液が落ちるの?

これが驚くほどに落ちます。

私もいちどシミになった服をこの方法で落としたことがありますが、綺麗に蘇りました。

方法は、血液がついた部分にマジックリンを直接つけます。

そして、そのまま20~30分放置します。

その後軽く手で揉み、水で洗い流します。

その後、通常どおり洗濯するとシミも落ちてなくなります。

「酵素系漂白剤」

マジックリンで落ちなかった場合の最終手段として漂白剤を使用します。

シミの部分に漂白剤を馴染ませ、その状態で30分ほど放置します。

そして、使い古しの歯ブラシでシミ部分を優しくこすりつけて血液を取り除きます。

そして、水洗いした後で、いつもどうり洗濯します。

ここでの注意点は、服が漂白剤に対応しているか洗濯表示を必ず確認することです。

服に血液がついた場合は、できるだけ早く水洗いし、外出先で応急処置をしたとしてもその日のうちに洗濯するようにしましょう。