年齢が増すにしたがって悩みは徐々に増えてきます。その中でも目の下にできるクマは、通常の年齢より老けて見えるため、コンシーラーを塗って隠している女性は多いです。しかし、コンシーラーの種類は多く塗り方を間違えると、より老けて見えてしまう可能性もあります。今回は、目の下のコンシーラーの塗り方を紹介したいと思います。

☆知恵ばあ一押しアイテムはコチラ!
目元のお悩みを根本から改善する話題の『アイキララ』

目の下のクマはどうしてできるの?

90498fc6195cc77acd3e6d1ea4635520_s

目の下のクマ嫌ですよね。

私の顔にもクッキリと2つのクマが悲しいかな存在しています・・・。

このクマがある肌とない肌では、年齢が同じでも見た目年齢は大きく差がついてしまいます。

それほど目の下のクマは女性にとっては大敵なのです!

このクマどうしてできるのか解説しますね。

元々目の下の皮膚は他の部分の皮膚の厚さよりかなり薄くなっています。

他の部分の厚みが約2mmに対して目の下は0.5mmしかありません。

薄いということはそれだけデリケートな部分になるので、外部刺激などからの刺激も受けやすくなります。

そして薄いということは、肌の色の見え方も変わってきます。

同じように血管や筋肉があったとしても、薄いぶんだけ色は濃く見えてしまうのです。

さらに、年齢が増すことで肌内部のコラーゲンが減少してハリがなくなることで、皮膚が痩せてしまいさらにクマが目立つようになってしまうのです。

目の下のクマを改善するためには、痩せた皮膚をふっくらとさせ、下の色素が透けて見えないようにすることが1番の改善法になります。

コンシーラーの塗り方をマスターして若々しくチェンジ!

dd525f0d87f6f31e248a56a2ac831c42_s

でも、すぐには目の下をふっくらさせ透けないようにするのは無理ですよね。

そんな場合は、目の下にコンシーラーを塗って隠して若々しくしてみましょう!

正しいコンシーラーの塗り方を紹介します。

クマには「黒クマ・青クマ・茶クマ」3種類あります。

まずはコンシーラーの色ですが、青クマはオレンジ系、茶クマにはイエロー系のコンシーラーがおすすめです。

わからない場合でも、コンシーラーを選ぶときは、自分の肌に対して明るすぎないカラーを選ぶようにしてください。

あまり色が明るすぎるとコンシーラーを塗った部分だけ白く浮いてしまい余計に目立ってしまうからです。

コンシーラーの塗り方ですが、コンシーラーを直接肌につけるのではなく、一度ブラシ等で手の甲に出し色調節をするようにしましょう。

次に目の下のクマ部分に斜め下の方向へ少量ずつのせ伸ばします。

のせ伸ばしたコンシーラーを薬指でそっとクマ全体に軽くポンポンと馴染ませていきます。

最後に余分なコンシーラーをとり、フェイスパウダーで軽く抑えて終了です。

コンシーラーは肌に負担がかかりにくく伸ばしやすいリキッドタイプがおすすめです。

目の下のクマにおススメなのが「アイキララ」!

すぐに消せないクマは隠すしかありませんが、改善するには目元専用のクリームがおすすめです。

その中でもおすすめなのが「アイキララ」です。

アイキララは年齢肌の目の下のクマに効果があります。

アイキララに配合されている成分「MGA」がコラーゲンをサポートし、加齢で失われたハリ・弾力を取り戻してくれます。

アイキララを使うことで、コンシーラーで隠すこともなくなります!

公式キャンペーンはこちら
目元のお悩みを根本から改善する話題の『アイキララ』