クーラーを付けたらカビ臭い!クーラーから酸っぱいニオイがしてきた!生臭いニオイがする!クーラーからの風が臭う原因はいろいろありますが、カビ臭いニオイがしたら、クーラーの内部にカビが潜んでいるのかもしれません。カビ臭いニオイを取る方法は掃除だけここでは、クーラーがカビ臭い時のにおいを取る掃除方法をまとめました。

スポンサーリンク

クーラーからの風が臭う原因とは?

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s

クーラーを作動させたとき、どんな臭いがしていますか?

生臭いニオイ、すっぱいニオイ、カビ臭いニオイ、ヤニ臭いニオイなど、どの臭いに当てはまるかで原因が分かります。

クーラーは、上部から室内の空気を内部に取り込み、その取り込んだ空気を、クーラー内部のフィルターを通してチリや埃を取り除き、フィンと呼ばれる機械を使って冷やします。

冷やした空気が、ファンと呼ばれる部品で押し出され、部屋に流れていくのです。

つまり、クーラーは部屋の空気を使って冷やしているため、部屋の中に臭いを発する原因があれば、クーラーの臭いにつながるというわけです。

煙草を吸っている、ペットを飼っているなど、部屋の中に臭いの原因がある場合は、その原因を排除することでクーラーの臭いを解決できます。

スポンサーリンク

クーラーが臭くなる原因はカビ!?

9736c49c3afcf205c042c057f6b560b6_s

しかし、部屋の中に臭いの原因となるものがないのにクーラーの風が嫌な臭いを放っているといった場合、どのような原因が考えられるのでしょう。

クーラーの中にある臭いの原因は、ズバリ、ほこり・カビ・雑菌です!

中でも、クーラーの臭いの主な原因となるのは、カビによるものです。

カビ臭いニオイや生乾きのような嫌なニオイがする場合、クーラー内部にカビが潜んでいる可能性が高いのです。

また、ドレンパンに溜まったカビや汚れが原因となる場合もあります。

クーラー内部をのぞいてみて、黒い斑点状の汚れがついていたり、ほこりが溜まっていたりしていませんか?

これがクーラーの臭いの原因となります。

クーラーのカビ臭さを取るためには

クーラーの臭いを取り除く方法は、掃除です。

クーラー内部に潜んでいるカビによる臭いは、洗浄することで改善されます。

ただし、クーラーの掃除をする前に注意があります。

ほとんどのクーラーは、自分の背丈よりも高い場所にあるものです。

そのため、掃除をする際は踏み台や脚立の上で作業をすることになります。

足元が滑りやすかったり、足場が倒れやすかったりする状態ではとても危険です。

そして、クーラーのコンセントを刺したまま作業を行うと、感電や漏電の可能性があるため、とても危険です。

掃除を行う前には必ず、周囲に危険なものがないか、コンセントを抜いたか確認し、安全な状態で作業を行いましょう。

クーラーを掃除して快適生活を!

まず、踏み台や脚立といった足場を用意します。

クーラーで掃除をする部分は、フィルター・ルーバー・カバー・フィン・ファン・ドレンパンの6つです。

フィルター・ルーバー・カバーは取り外せるパーツで、フィン・ファン・ドレンパンは取り外せない内部の部分になります。

はじめにカバーを開けて取り外し、次にフィルタールーバーの順に取り外していきます。

カバーは前面パネルと呼ばれることもあり、ここはクーラーごとに取り外し方が異なります。

取り外す際は必ず取扱説明書を確認してください。

取り外したそれらのパーツのほこりを掃除機で吸い取っていきます。

ただし、パーツに水滴がついたまま掃除機で吸うと、掃除機が故障する可能性があるので、その場合は、乾いた布でほこりを軽く拭き取るくらいで構いません。

次に、取り外したパーツを丸洗いします。

まずは、バケツに水を溜め、洗濯用の中性洗剤を入れて泡立てます。

普段、洗濯物を手洗いする際の分量を目安にしてください。

フィルターは、洗剤液に浸け置きしておきます。

ルーバーとカバーは、歯ブラシや綿棒、つまようじなどを使って、洗剤液で汚れを落としていきます。

ルーバーとカバーが磨き終わったら、浸け置きしておいたフィルターを取り出し、同様に汚れを落としていきます。

最後に、洗剤が残らないよう念入りに水で洗い流しましょう。

乾いた布で水をしっかり拭き取り、1時間ほど、新聞紙を敷いた上にパーツを並べて自然乾燥させてください。

乾燥したパーツは元の通りに戻し、30分ほど送風運転をして乾かせば完了です。

クーラー内部は掃除しない!

最近ではクーラーの洗浄スプレーが販売されているようです。

しかし、市販の洗浄スプレーは使用しないことを強くおすすめします!

なぜなら、奥の汚れまではこのスプレーでは落とすことができない上、すすぎが十分にできず、火災の元になる恐れがあるからです。

どうしてもクーラー内部を掃除したい方は、プロがクーラーを掃除してくれるサービス「エアコンクリーニング」を利用しましょう。

プロがクーラーを分解し、クーラーの奥の汚れまで、専用の道具と洗剤でキレイに掃除してくれますよ。