ワイン美味しいですよね。私も呑み助なので、ワインも好んで飲みます。料理によって白と赤と飲みわけたりもします。最近飲むのは赤ワインが主なのですが、赤ワインはこぼしてしまうとシミになってしまうので困ってしまいます。シミの取り方わかりますか?しみにも落とし方があって、ワインにはワインの取り方があるようです。紹介しますね。

Sponsored Links

赤ワインのシミには応急処置が必要

ワインを飲んでいててこぼしてしまったことってありませんか?

特に赤ワインをこぼした時は悲惨としかいいようがありません!

赤ワインのシミは、すぐに応急処置しなければ酸化して茶色くなってしまうので元の色にもどる可能性は低いです。

私も何度か赤ワインのシミをつくったことがあります。

家で赤ワインのシミができる場合は、すぐに対処できますが、外出先での赤ワインのシミは困りますよね。

そんなときに限ってお気に入りの服を汚してしまうんです。

私も未だに赤ワインのシミが付いた服を捨てられずにいます。

そのときに応急処置していれば・・・と思うとやり切れないです。

赤ワインのシミの応急処置の方法を紹介しますね。

Sponsored Links

赤ワインのシミの応急処置の仕方

カレーしみ紫外線洗濯での落とし方

ワインやジュースなどをこぼした場合はすぐに水と洗剤で洗えば落ちる可能性は高いです。

でも、時間が経ったシミは落ちにくくなります。

どれだけ早く処置できるかが、そのシミを落とせるかどうかにかかってきます。

今回は、赤ワインをこぼした時の対処&応急処置を紹介します。

家で服に赤ワインをこぼした場合の対処法は「すぐに水&洗剤」で洗うことです。

赤ワインは水溶性なので、こぼしてすぐの赤ワインならほとんど場合は落ちます。

ジュースやコーヒー・酒類などの飲み物も水溶性で、汗や血液も水溶性になるので「水と洗剤」で基本的には落ちます。

外出先で赤ワインをこぼしてしまった時は、できるだけ早くトイレに行き濡れたティッシュでシミ部分をつまんで取っていきます。

あとは、乾いたティッシュやタオルでこするのではなく「押さえて」水分を取っていきます。

帰宅後はなるべく早く洗濯するようにしましょう。(遅くてもその日のうちに洗濯はしておきましょう)

できればその時に、ブライトやハイターといった「液体酵素系漂白剤」を塗布してから洗濯するとシミは跡形もなく綺麗になるので、ひと手間かけましょう。

どうしても上記の応急処置ができない場合は、シミは確実に残ってしまいますので、クリーニングに出して綺麗にしてもらいましょう。

外出時に大活躍するのが「ステインペン」!

外出時は何かと予期せぬことが起こってしまいます。

シミも予期できるとよいのですが、そうもいきません。

そこで紹介したいのが、ドイツ発のシミを消してくれる「ステインペン」です。

このステインペンは、ジュースや赤ワインなどの飲み物から、トマトソースや醤油などの調味料・口紅やファンデーションといったコスメまで対応しているシミ抜きペンなんです。

価格も550円とお手軽でペンタイプなので持ち運びもできるので、外出時に持っておくとこぼした時の強い味方になってくれます。