家の掃除の中でやっかいな部分と言えば水回りです。特にトイレは汚れやすい場所、臭いが臭いを呼ぶ上、排水溝からは下水の臭いがして困りものです。そんなトイレの困った臭いの取り方や裏技があればいいですよね。その上、突然の来客にも対応できたら。ここでは、突然の来客もこれで安心、トイレの排水溝の臭いの取り方や裏技をご紹介します。

Sponsored Links

トイレが下水臭する原因

バリウム トイレ 流れない

トイレは下水管とつながっていますが、なぜ臭くないのでしょうか。

家庭のトイレや水道などの排水管には、「トラップ」という構造があります。

配管から、虫や下水の不快な臭いが上がってこないようにするため、水で蓋をして生活空間に下水臭が流れてこないようにするための工夫です。

この排水トラップが何らかの理由で故障すると、下水管からの悪臭が逆流し、トイレが下水臭くなってしまうのです。

雨の日だけ臭いがするというのも、この排水トラップの故障が原因です。

普段はあまり臭いがなくても、気圧の変化によって臭いが上がってきてしまう場合があるようです。

トイレで下水臭を感じた時はまず、蓋となるはずの水が溜まっているかどうか、つまり、便器の水が少なくなっていないかを確認しましょう。

蓋となる水が無くなる原因には、大きく分けて2つあります。

1つは、長期間家を留守するなどして、トイレを長期間使用しなかった場合です。

水は、沸点に達していなくても、日々少しずつ蒸発するものです。

蓋となる水がどんどん減り、結果、臭いを防ぐのに必要な水位が下回ることで下水管とトイレ内が空気の道でつながってしまい、強烈な下水臭が充満してしまうわけです。

2つ目は、蓋となる水が真空状態となり、水位が減ってしまうことです。

下水管はだいたいどこの家庭でも繋がっているもので、お風呂の水を流したり大便を流すなどして大量の水が流れると、蓋となる水まで引っ張られ、水位が減ってしまうのです。

その他にも、トイレの水に溶けないものなどが詰まると、トラップなどの排水管への水の流れが悪くなり、詰まりを取ることで一気に水が流れると、排水管内が真空状態になってしまうこともあります。

Sponsored Links

トイレの排水溝のにおいを解決!

膀胱炎 市販薬 トイレ

蓋となる水が無くなったのであれば、水を何度か流すことでトラップに水が流れ、水の蓋を作ることができれば解決されます。

その後、トイレ内を換気し、空気を清浄しましょう。

長期間下水臭が充満していたとすれば、トイレのマットや装飾品などにも臭いが移っているかもしれません。

それでは換気をしてもいつまでたっても臭いは改善されません。

その際は、市販の臭い消しや芳香剤を利用しましょう。

水がしっかり溜まるトイレであっても、排水管が詰まっていれば何度も排水に引っ張られてしまい、臭いを防ぐことができません。

その場合は、根本から詰まりの原因を探りましょう。

トイレットペーパーなどを多く流し過ぎ、排水管が詰まっている場合は、ラバーカップなどを利用して排水管に押し流しましょう。

その際、アルカリ性洗剤を使うと、排水管にヌメリを起こすことができるため、滑りが良くなります。

溶けにくいおむつや生理用品などを間違ってトイレに流してしまった場合は、仮に排水管に流れていったとしても、必ずまた詰まりを起こしてしまうので、専門業者に連絡して改善してもらいましょう。

トイレの排水溝の臭いを取る裏ワザ

毎日トイレ掃除をしていても、外から入ってきた人の場合、家族には気にならないような臭いでも敏感に感じるようです。

念入りに掃除していても、突然の来客があったらトイレの臭いが気になります。

そんな時にすぐ臭いを消す方法があるのでご紹介します。

昔からトイレの臭い消しとして便利だと言われているのが、マッチをトイレで擦ることです。

一瞬のうちにトイレの臭いがなくなりおすすめです。

また、便器にお湯を流すのもおすすめです。

時間が少しあるようなら、トイレの壁にも熱めのお湯で拭き掃除をすると臭いが消えるようです。

そして、お酢を薄めてスプレーすることも消臭効果があります。

ぜひ、突然の来客対応に実践してみてください。