女性に夏にすることは?と聞くと、むだ毛処理と答える人が多いです。脇はもちろん、腕や足のむだ毛処理も必須だそうです。処理をする時は、カミソリでする人が多いですが、カミソリ負けが悩みだそうです。ブツブツ状態になりかゆみを起こしてしまう場合も多いようです。カミソリ負けで起こるぶつぶつ・かゆみの炎症を治す方法を紹介します。

知恵ばあおすすめの専用ボディクリーム
↓↓↓
ラスター

カミソリ負けしてしまう原因は?

夏場はどうしても薄着になってしまう季節です。

暑いですものね。

半袖とスカート・短パンなどが過ごしやすい服装になります。

でも・・・気になるのが手足の毛です。

冬なら長袖と長ズボンやストッキングで隠せている部分ですが、この時期は隠す手段がないので、毛を除去してしまうしか手段がありません。

1番手軽におこなう手段として使うのが「カミソリ」です。

毎年カミソリでむだ毛処理している女性は多いのではないでしょうか!

私の娘も中学に入ってからは、夏場は手足の毛を剃っていました。

でも・・・濃くなったりブツブツが出たり、かゆみや赤みなど炎症を起こしてしまうことが多かったです。

このカミソリ負けで起こる症状には、こんな原因があります。

「深剃り・逆剃りをしている」

カミソリで毛を剃る場合は、優しく普通に剃っていますか?

カミソリで剃っているのは毛だけではなく皮膚表面も削ってしまっているので、何回も同じところを剃ったり逆に剃ったりすると肌へのダメージが大きくなります。

「乾燥している」

カミソリを繰り返し使用することで、角質層が薄くなり水分を貯めることができないので乾燥してしまいます。

乾燥した肌は肌トラブルが起こりやすくなります。

「何もつけないで剃る」

肌に何もつけずに剃ると抵抗がかかってしまい肌に傷が付いてしまいます。

「古いカミソリ」

古いカミソリは雑菌が繁殖している可能性が高いです。

その雑菌が皮膚の細かい傷に入ってしまうと赤い湿疹がでたり痒みが起こってしまいます。

手や腕にカミソリ負けでブツブツがでたり、かゆみがある場合は上記が原因の可能性があります。

カミソリ負けの症状を治す方法と対策!

060902fef5103fa6f106220f71958624_s

上記ではカミソリ負けの原因を説明しましたが、結局はカミソリの使用で皮膚表面に無数の傷ができて起こる症状になります。

したがって対策としては、できるだけ皮膚に傷ができないようにすることです。

カミソリで除毛する時は、新しいカミソリを使い、専用のクリーム・ジェルを塗って毛の流れに沿って優しく剃ってください。

そして、同じ部分を何度も剃ったりしないようにしましょう。

1番大事なのが「アフターケアー」です。

剃った後は肌に負担がかかっているので、乾燥を起こさないように保湿ケアを必ずおこなうようにしてください。

そして、もうすでに炎症が起こっている場合は、痒みや赤みのある部分を冷やして様子を見て、それでも治まらない場合は薬を塗るようにしましょう。

カミソリ後のアフターケア用品のおすすめ

ラスター

カミソリ後のブツブツや黒ずみに効果があるのが、ひざ下濃厚クリーム「LusTer(ラスター)」です。

カミソリ負けで起こる症状に全体が黒くブツブツしている症状もあります。

これは、赤みのあるブツブツが乾燥し色素沈着して黒くなったのか、掻いたところが黒ずみになった可能性があります。

このような黒ずみにならないように、カミソリで除毛した後は保湿ケアがとっても大切なのです。

ラスターには、色素沈着を抑える働きの成分や保湿成分がたっぷり配合されているので、カミソリ後のケアに最適なクリームになります。

すでに炎症を起こしている人はカミソリ負けの対処に、カミソリ負けを起こしたくない人には対策として「ラスター」を使用してみてはいかがでしょうか!

公式キャンペーンサイトはこちら
>>ひざ下の黒ずみケアに薬用美白濃密クリーム/LusTer