虫歯予防として歯医者で行われるのが「フッ素塗布」です。

フッ素は昔から虫歯予防に効果があると言われていますよね。

しかし、虫歯予防に効果があるとして話題になっている「ブリアン」の歯磨き粉には、フッ素は配合されていません。

フッ素が配合されていない「ブリアン」歯磨き粉が、虫歯予防に効果があるのか調べてみますね!

虫歯はどんなふうに進行していくの?

虫歯

フッ素が虫歯に効果があるか?という疑問の前に、まずはどんな風にして虫歯になってしまうのか説明しますね。

私達の口の中には、沢山の細菌(悪玉菌)がいます。

その細菌は、私達が飲食する時の含まれている糖分を栄養にして虫歯菌として増殖し、歯垢を作っていきます。

虫歯菌が糖分から酸を作りプラークが酸性となり、歯の表面を溶かすことでカルシウムやリン酸が奪われていきます。

しかし、奪われるばかりではなく唾液が活躍してくれます。

唾液は酸を中和する働きがあるので、歯の表面から奪われたカルシウムやリン酸を再び歯の表面を戻すことができるのです。

唾液って凄いですよね。

でも食事の回数が多かったり、糖分の多い物の摂取量が多くなると、唾液の働きが追いつけずに虫歯になってしまうのです。

子供に寝る前には必ず歯磨きをさせますよね。

これは就寝中は唾液の量が少なくなるので、虫歯菌が増殖する可能性のある糖分をしっかり取り除いておくためです。

就寝前はしっかりと歯磨きする習慣をつけて、虫歯にならないようにしましょうね!

フッ素はどうして虫歯予防ができるの?

フッ素の効果を簡単に説明すると「歯に鎧をつける」になります。

フッ素を歯に塗布することで、フッ素が歯の表面から入りエナメル質の成分になります。

エナメル質は通常の歯より強く、虫歯菌から出す酸に溶けにくくなるので虫歯になりにくいのです。

他にも、フッ素には溶けて奪われたカルシウムやリン酸を元に戻す効果があったり、虫歯菌に対して抗菌力があるので、虫歯菌の働きを抑制することもできるのです。

フッ素は歯に良いというCMを見てフッ素配合の歯磨きを使っていますが、理由がわかったことでもっとしっかり歯磨きしてフッ素を浸透させて虫歯予防をしようと思いました。

「ブリアン」はフッ素が配合されていないけど虫歯を予防できるの?

虫歯予防としてブリアンは人気ですよね。

子供をもっているママ達の口コミも評判が高く愛用している子供が沢山います。

でもブリアンには虫歯予防に最適なフッ素は配合されていません。

ではどうして虫歯予防できるのでしょうか?

それはフッ素ではなく「ブリス菌」という乳酸菌が虫歯をできにくい環境にしてくれるからです。

ブリス菌?あまり聞いたことがありませんよね。

日本ではあまり認識されていない菌なのですが、外国ではメジャーな菌で虫歯予防や口腔内トラブルを防ぐ作用があるので、多くのオーラルケア用品に配合されています。

ブリス菌は、口の中の酸性をアルカリ性に戻す働きに優れているので、虫歯菌を減少させる働きがあります。

さらに、歯垢を酵素で溶かして歯の表面に付着するのを防ぐ効果もあるので、虫歯予防できるのです。

ブリアンは、フッ素を配合しなくても、虫歯菌を住み着かせない環境にすることで、虫歯を防いでいるのです。

フッ素は、歯を強くして虫歯菌の攻撃から歯を守る働きをしますが、ブリアンは口腔内を虫歯菌が住み着きにくいアルカリ性にして、口腔環境を整え虫歯にならないようにするのです。

どちらも虫歯を予防してくれる働きがあるので、どちらが良いのかは自分で判断してくださいね!

ブリアン公式サイトはコチラ
>>>日本初!虫歯菌除去用成分『BLIS M18』配合 子供用歯磨き粉【ブリアン】