爪にできる水虫を爪水虫といいます。

爪水虫で悩んでいる人もいますが、水虫ほど世間では知られていないし、CMでも宣伝しているのを見たことはありません。

自分が感染してしまったら病院の何科を受診すればよいのでしょうか?

爪水虫はどんな病気なのか?症状が出たときは病院の何科を受診すれば良いのか?など気になることを調べてみます。

※知恵ばぁ愛用の爪水虫薬はコレ
>>クリアネイルショット

爪水虫ってどんな病気?症状は?

爪水虫は、一般的な水虫と同じカビの一種である白癬菌(はくせんきん)に感染することで発症します。

感染ルートとして1番多いのが足の水虫から感染することです。

通常の水虫は、白癬菌が角質層に侵入して寄生することで症状がでます。

しかし、爪水虫の場合は長期間水虫を放置した結果、その足水虫の白癬菌が爪にも侵入してしまい発症してしまうのです。

気をつけなければいけないのが、白癬菌は爪だけではなく、体のアチコチに侵入してしまうことです。

水虫がある人は、他の場所に侵入させないように、できるだけ早めに治すように心がけるようにしましょう。

では、爪水虫に感染するとどんな症状がでるのか紹介しますね。

爪水虫は、通常の水虫と大きな違いがあります。

それは痒みや水膨れなどの症状がないことです。

爪は神経が通っていないので、痒みなどの症状がでないのです。

しかし、自分が爪水虫だと判断することは可能です。

それは「見た目」です。

痒みなどの感覚がなくても、見た目で判別できるので、いちど自分の足が下記のような状態でないのかをチェックしてみてください。

「爪の色が濁った白・黄色・茶色の色をしている」「爪が分厚くなっている」「爪に白い筋が入っている」「爪が変形している」「爪がボロボロ崩れる」などです。

酷くなると、爪の周りの皮膚が炎症を起こしてしまい「靴を履くと痛い」「歩くと痛い」などの感覚的な痛みもでてきてしまうので、早めの段階で病院を受診するようにしましょう。

爪水虫は何科を受診すれば良いの?

上記の症状が自分の足の爪にあらわれた時は、早めに病院を受診するのが望ましいです。

爪水虫も場合は、通常の水虫と同様に皮膚科になります。

皮膚科では、症状がでている部分の爪の一部を採取して顕微鏡で確認し、白癬菌効果がある薬を処方してくれます。

しかし、爪水虫は、通常の水虫よりも厄介なのです。

爪水虫以外の場合は、症状が皮膚に起こるので外用薬も直接患部に塗れるので効くのですが、爪水虫は白癬菌が爪の奥まで侵入しているので、外用薬の効果が届きにくいといわれています。

そのため病院で処方される多くが内服薬になります。

完治するまでは約半年~1年くらいかかるようですが、爪水虫を放置していても治る可能性はないので、早めに受診するようにしましょう。

病院に行けない場合は、市販薬でも大丈夫?

忙しくて病院に行けない人や、水虫というのが恥ずかしくて病院を受診できない人も多いと思います。

そんな場合は簡単に買うことができる市販薬が良いのですが、爪水虫の外用薬は少ないです。

そこでおすすめなのが通販で購入できる「クリアネイルショット」です。

この商品は、リピート率が93%、モンドセレクション2017年金賞受賞した商品で、医学誌にも掲載されています。

特徴は、浸透力です。

爪の奥に潜む白癬菌までしっかり有効成分が浸透してくれるので、効果が実感しやすいのです。

もし効果がなかった場合は、全額返金保証がついているので、使った後でも返金してくれるので、あきらめる前に一度試してみてはいかがでしょうか!

公式HPはコチラ
>>81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』