白いレースカーテンのカビ取り剤

じめじめする季節、気を付けていないと意外とすぐに生えてしまうのが、室内のカビです。
特に、押入れや靴箱などの、普段空気が通りにくい場所は要注意。たまには換気をしたり、天気の良い日に虫干ししたりするのがおススメです。

そんな室内のカビの中で、見落としがちなのがカーテンのカビ
しかも、カーテンのカビは冬の乾燥した時期に生えやすいのです。

カーテンのカビ取り方法やカビ取り剤について、今日はまとめてご紹介します。

レースカーテンに黒いカビはなぜ生える?

スポンサーリンク

窓に取り付けているレースのカーテン。何気なくめくってみたら、下のほうにビッシリと黒いカビが!こんな経験はありませんか?

レースカーテンにカビが生えるのは、冬の季節が多いと言われています。
原因は、ズバリ結露です。
冬に窓が結露すると、その湿気を窓に一番近いレースカーテンが吸い取ります。時には、べちゃっと窓にカーテンが張り付いていることも…。冬はついつい窓も締切りがち。そうするとカーテンが乾かないので、気付かないうちにカビが増殖してしまうのです。

白いレースカーテンのカビ取り方法

白いレースカーテンのカビ取り剤

さて、では生えてしまった黒カビは、どうやって取り除くのが良いのでしょうか?
ここでは、白いカーテンにおススメの方法をご紹介します。

カビキラーで撃退する

知恵ばぁが実際にいつも行う方法は、カビキラーでカビを撃退するもの。
泡で出てくるスプレータイプのカビキラーを使います。
お風呂掃除にも便利ですので、買っておいて損はないですよ♪

手順は以下の通り。

①ゴム手袋をはめる。できればメガネ、マスクもつけましょう。
②レースカーテンを取り外します。
③洗面台、または浴槽の中にカーテンを入れ、カビの生えた部分を広げます。
④カビの部分に直接、カビキラーをスプレー!
⑤ゴム手袋をはめた手で、カビキラーをカビにも揉みこむ!
⑥そのまま5分時間を置きます。
⑦流水ですすいで、洗濯機に入れます。
⑧その後は、普通に洗濯します。

この方法で、白いカーテンのカビはかなり落ちるはずですよ。

漂白剤に漬け置く

スポンサーリンク

カビキラーではなく、漂白剤に漬け込む方法もあります。
洗面台か浴槽に水をため、キッチンハイターなどの漂白剤をとかした液を作ります。
濃度は濃いめがポイント!パッケージに書かれている漬け置き用の分量を参考にしてみましょう。
知恵ばぁの場合は、倍くらいの濃度にしてしまいます。が、濃度は自己責任でお願いします(笑)

その後、カーテンを漬け込んで、30分くらい経ったら流水で流します。
洗濯機で洗濯すれば、カビがかなり落ちているはず。

スチームアイロンで撃退する

これまでは市販の薬品を使う方法でしたが、強い薬品ですので使いたくないという方もいるかもしれません。
薬品を使わない方法としておススメなのは、スチームアイロンでカビを撃退する方法です。

白いレースカーテンのカビ取り剤

手順は以下の通り。

①スチームアイロンを一番高温にし、スチームは最強にセットする。
②アイロン台の上にタオルを敷き、その上にカーテンのカビが生えている部分を乗せる。
③カビの部分にスチームアイロンを当てていく。
④風通しの良い場所にカーテンを干し、乾燥させる。

スチームアイロンはじっくりと当てた方が良いですが、カーテンの素材によっては縮んだり変色する場合もありますので、様子を見ながら行います。
また、スチームで湿気を与えることになるので、④でしっかりと乾かさないと、すぐにカビが再発してしまいます。
この方法は、軽度のカビには有効ですが、根強いカビでは黒ずみが残ってしまう場合もあります。

これらの方法は、白いカーテンには大変有効です。でも、色のついたカーテンでは、色素が抜けてしまうので注意が必要です。もし安いカーテンでしたら、思い切って買い替えることもひとつの選択肢ですよ。
高級なカーテンの場合は、クリーニングに出すことをおススメします。

スポンサーリンク