初めての子育てでママ達をビックリさせてしまうのが、赤ちゃんの舌の色ではないでしょうか?

生まれたての赤ちゃんの肌はプルプルで、唇もピンク色をした健康そのものです。

しかし、舌を見ると真っ白!?こんな経験をしたママは多いです。

今回は、赤ちゃんの舌がなぜ白いのか?原因と取り方を紹介します。

Sponsored Links

赤ちゃんの舌が白い原因

唇 口 赤ちゃん

私も自分が子供を産んで、授乳している時に「ん?何」と感じた事がありました。

しかし、私の友達の赤ちゃんも舌が白かったので、そんなに深く考えたことはなかったです。

でも、同じ年齢の赤ちゃんがいない場合は、自分1人で考えてしまい、不安に思うママもいます。

しかし、舌の白い赤ちゃんは沢山いて、その殆どの場合が心配がないので、大丈夫ですよ。

赤ちゃんの舌が白いのは、授乳が原因です。

舌についている白色は、母乳やミルクのカスが付いているからです。

赤ちゃんは母乳やミルクで栄養をとっています。

特に新生児だと3時間おきに授乳しなくてはいけません。

そのため、どうしても舌に母乳やミルクのカスがついてしまうのです。

赤ちゃんの舌は、一見見た感じではツルツルでカスなんか付きそうに見えないのですが、実際は舌の表面には凸凹があり、母乳やミルクの成分がくっ付きやすくなっているのです。

たまにビックリするくらい真っ白な舌の赤ちゃんを見かけますが、その場合も唾液の量が少なかったり、風邪をひいて、口呼吸で口の中が乾燥して唾液で洗い流せていないからです。

Sponsored Links

赤ちゃんの舌の白い汚れの取り方

赤ちゃん ミルク いつまで

赤ちゃんの舌の白さは通常だと唾液で流されますし、授乳時期が終ると自然と舌の色もピンク色になるので、心配はいりません。

ただ、カスは授乳するたびに蓄積してしまうので、あまりに真っ白な場合や、ママが気になる場合は汚れを取り除くといいでしょう。

やり方は簡単で、湿らせたガーゼや綿棒で「優しく」拭きとってあげてくださいね。

その時の注意点は「必ず濡らして」してくださいね。

乾いたまま取ると、舌の組織に傷をつけてしまい、赤ちゃんが痛い思いをしてしまいます(次する時に嫌がられてしまいます)

ちなみに私の下の子供は、授乳時期からガーゼをしゃぶるのが大好きだったので、舌が白いと感じたことが一回もなかったですよ。(よだれがよかったのかも・・・)

Sponsored Links

病気の場合もあるので注意を

子供 病気

赤ちゃんの舌が白いのは、殆どが母乳とミルクなのですが、まれに病気の場合もあります。

それは、鵞口瘡(がこうそう)という病気です。

ママが、妊娠後期に免疫力が落ちカンジダにかかってしまった場合は、出産時に産道でカンジダ菌に感染してしまう場合があります。

他にも、哺乳瓶や乳首にカンジダ菌が付着して赤ちゃんに感染する場合もあります。

その場合は、拭きとっても取れず舌だけが白いのではなく、歯茎や頬の内側まで白いので、注意してみてあげてください。

赤ちゃんの哺乳瓶や口に入れてしまう玩具などを清潔にし、授乳する時は乳首を洗浄綿で清潔にしてから授乳するようにしましょう。

鵞口瘡にかかった場合も、自然治癒できる場合が多いですが、あまりぐずる時は小児科に受診にいってあげてくださいね。