お子さんの鼻血生理の血などが、布団やシーツについてしまうこと、ありますよね。手洗いで落とすのがベストですが、その際に注意しないと、落ちにくくなってしまうことがあります。今回は、布についた血の落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

布団やシーツの血の落とし方

フローリング 布団 カビ対策 畳

布団やシーツについた血は、なかなか落としにくいですよね。血が付いたときすぐに出来ればよいのですが、鼻血などは特に子供自身も言いにくいのか言わないですよね。そんな時、布についた血を簡単に落とす方法がありますのでご紹介しますね。

シーツの場合は布団からのけて、お風呂場でもみ洗いをするのが効果的です。布団の場合は、丸洗いもなかなかできないですし大変ですよね。

その場合に役立つのがオキシドールです。ただ、素材によっては使うといけないものもあるので、表示などをきちんと見てからするようにしてくださいね。

また、こちらの動画では石鹸と歯ブラシ、タオルを使った血の落とし方を紹介しています。
こんなに簡単に落ちるなんて、ちょっとやりたくなってしまいますね!

目から鱗な落とし方は、大根おろしを使うことです。なんでと思われる方がほとんどではないかと思いますが実は大根おろしに含まれるジアスターゼは血液分解をするのに効果的なのです。落とした後には必ずぬれタオルで拭いておくことは重要です。

血液用専用洗剤を使うのが一番効果的ですね。それ以外にもアンモニア水を使うのも1つですね。マジックリンも効果的ですが、原液のままでは濃度が濃いため、2倍ぐらいに薄めるのが良いですね。

スポンサーリンク

ただ、天気の良い日であればよいですが、湿気たままではカビが生える原因になりますので注意してくださいね。
雨が降っていてもする場合は、布団乾燥機などをうまく使ってみてください。

なるべく発見するのが早ければ、早いだけ落ちるのも早くなりますので見つけるのが早い方が良いですね♪

セスキ炭酸ソーダは意外に優れもので、血液汚れなども結構簡単に落とすことが出来ます。ただし、つけおきは必要なのでその部分は注意して下さいね♪

セスキタンサンソーダは水に溶けやすく重曹よりアルカリ性が強いため汚れ落とし効果は抜群とされています。
小さい子供さんがいても体に影響を与えません。

セスキ炭酸ソーダには消臭効果もあります。血液の嫌な臭いも取り去ってくれる効果的な物なので是非ストックものとして置いておくと重宝しますよ♪

スポンサーリンク

布についた血を洗うときの注意点

血液汚れ 洗濯

血を洗うときお湯の方が落ちそうなイメージがありませんか!?お湯の温度が高いと落ちにくくなるのです。40度以下で落とすか、セスキ炭酸ソーダにつけて洗濯するのが一番良いです。

酸素系の漂白剤と重曹をつけモミ洗いをして置くとおちやすいですね。ウタマロ石鹸やオキシクリーンなどを使うのも効果的です。

日にちの経った血液は落ちにくいですので、無理して自分で落とそうとせず、クリーニング屋さんに任せたりプロに任せるようにする方が無難です。高級な衣類などは特にです。

血を落とすことにとらわれて色落ちしてしまう部分を忘れがちになってしまいます。漂白剤などを使う場合は、塩素系を使わず、酸素系漂白剤を使うように心がけましょう。表示内容もきちんと確認してみてくださいね。

時間の経った血液はどちらにしても落ちにくいのでつけおきも必要です。生乾きもよくないので、つけおきした後はしっかりと洗い、干して完全に乾かすように注意してくださいね。