季節が秋から冬へと移っていくと、朝と夜の気温の変化などで、体調を壊してしまう人が増えてきます。

空気が乾燥してくると、色んな細菌やウィルスも過ごしやすい環境になるので、風邪をひく人も多くなってきます。

その中でも、喉の痛みが激しく高熱がでる病気なのが「扁桃腺炎」です。

扁桃腺炎を患っている人は、食べるのも飲むのも、唾液さえも飲み込むのがツライようです。

今回は、秋から増えてくる「扁桃腺炎」の原因と治療法、完治するまでの期間についてまとめてみます。

Sponsored Links

扁桃腺炎が治るまでの期間は?

子供 病気

扁桃腺炎は「急性扁桃腺炎」と「慢性扁桃腺炎」」があります。

慢性扁桃腺炎は急性扁桃腺炎が慢性化し、治っても又再発をし繰り返し起こることをいいます。

急性扁桃腺炎は、病院で診てもらい薬を服用することで、2日~3日で細菌やウィルスが退治でき、後は回復へと向かっていきます。

キチンと炎症が治まるには、5日~7日ほどかかります。

症状が非常に軽い場合だと、病院に行かずに治る場合もあります。

しかし、一般的な急性扁桃腺炎の症状は、38度~40度近い高熱がでて寒気や喉の痛みを伴い、唾液すら飲みこむのが困難になります。

このような場合は、病院に行って薬を処方してもらうのが好ましいです。

そして、最後までキチンと治療をしてください。

完治せずに治療を終えたり、上記の状態にも関わらず病院に行かないと、「扁桃周囲炎」や「扁桃周囲膿瘍」などという、扁桃腺のまわりにまで炎症が広がり酷くなってしまい、治るまでの期間も長くなってしまいます。

Sponsored Links

扁桃腺炎の原因

手のひら かゆみ ストレス

扁桃腺炎とは、簡単にいうと扁桃腺にウィルスや細菌などの病原菌が付着し炎症を起こすことをいいます。

扁桃腺は病原菌から身体を守るための免疫の役割をしています。

細菌などが扁桃腺に付着して増殖することで炎症を起こすのですが、その病原菌を増殖させる原因は下記のようになっています。

「風邪」
風邪をひいてしまうのは免疫が弱くなっているのと、鼻などが詰まっている場合などは鼻呼吸が辛くどうしても口呼吸になってしまいます。

口呼吸することで、喉が乾燥してしまい、病原菌が繁殖しやすくなります。

「乾燥」
乾燥すると上記でも説明しましたが、病原菌は増殖しやすい環境で、喉など粘膜は乾燥により抵抗力が低下してしまうので、より多く繁殖してしまいます。

「ストレスによる免疫低下」
私達には無数の粘膜があり、その粘膜の機能を維持しているのが自律神経です。

その自律神経が乱れてしまうと、粘膜の機能も免疫力も低下してしまいます。

その自律神経の乱れを引き起こしているのが「ストレス」です。

ストレスを溜めることで、粘膜も免疫力も低下してしまうため、病原菌は活発になります。

Sponsored Links

扁桃腺炎の治療方法

手の指のしびれ 何科

扁桃腺炎というのは、一般的は「急性扁桃腺炎」のことをいいます。

そして、一年に4回~5回など急性扁桃腺炎を繰り返すと、慢性扁桃腺炎と呼びます。

扁桃腺炎の治療は、細菌性の場合は抗生物質を処方して、喉の腫れを抑えます。

ウィルス性の場合は鎮痛剤や点滴・解熱剤などが処方されます。

慢性扁桃腺炎があまりに酷い場合は、手術が必要な場合もあるようです。

成人になると扁桃腺はあまり必要ではなくなるので、手術で切除する人は以外と多いようです。

扁桃腺炎にならないように、免疫を高め、乾燥しないように気をつけましょう。