扁桃腺炎、喉が痛くてつらい症状が続きますよね。治療には抗生物質が一般的ですが、漢方薬治療を行う病院もあります。漢方で直したい方は、こちらの記事を参考に、かかりつけの医師に相談してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

慢性扁桃腺炎とは

扁桃腺炎のどの痛み緩和和らげる方法

喉のところにあるリンパ組織の事を総称して扁桃と言います。扁桃腺と言われている口蓋扁桃の炎症は幼児期が一番活発であり、8歳を境に収まってきます。アデノイドと呼ばれる咽頭扁桃や舌根扁桃・耳管扁桃などが喉を取り囲んでいます。

扁桃腺炎の原因となるものはほとんどがウイルスか細菌感染によるものです。しかし侮ってはいけません。悪化していってしまうと恐ろしいことも起きます。注意をしてくださいね。

年に4回程度急性扁桃炎を起こす場合は、慢性扁桃炎になっている可能性が高いので、一度受診してみてくださいね。

扁桃の役割は、細菌が体内に蔓延しないように塞き止める役割を持っていますが、色々な要因が重なり、幼児期を過ぎても小さくならず炎症が続き大人になっても大きさが小さくならないままある状態を慢性扁桃腺炎と言います。

のどの痛みや抵抗力の低下・気管支の炎症などがよく見られ、風邪を引いたときにすぐにのどが痛くなりやすい状態となります。

スポンサーリンク

慢性扁桃腺炎の治療方法

のどの痛み 扁桃腺 子供

治療法として症状の軽い場合は、うがい薬やトローチなどの処方が行われます。

しかし症状が強い場合は、抗生剤や消炎鎮痛剤や解熱剤などを服用し、早く症状が回復するようにします。服用期間は大体10~14日程度ですが、治りの悪い場合は長期的に行うこともあります。

それでも治らない場合は、扁桃の切除を行うこともあります。1時間半程度で全身麻酔を使い切除してしまいます。一週間で退院できます。

不摂生をやめ規則正しい生活や食生活をすることも治療方法の一つとされます。生活改善をするとある程度予防することはできますので、大人の方の場合は喫煙やアルコールの取り過ぎなどに注意をしてみてくださいね。

喉のあたりを冷やさないようにするのも悪化を防ぐ方法となり治療法の1つとなります。

スポンサーリンク

慢性扁桃腺炎に効く漢方薬

漢方 ハーブ

慢性扁桃腺炎に効くとされる漢方薬はいくつかあり、漢方薬は保険が適用されないと思われる方もいらっしゃいますが保険適用になっている漢方薬もいくつかあります。

よく聞かれるのは葛根湯・桔梗湯ではないでしょうか。両方とも鎮痛作用があります。のどの痛みにはよく効きますよ♪

子供にはよく柴胡清肝湯などが処方されます。この効果は炎症改善・血流をよくする効果などがあり、疳の虫にも効果があるとされています。

小柴胡湯加桔梗石膏も効果が認められる漢方薬で扁桃腺炎になりやすい体質を改善しやすいとされています。

麦門冬湯等もよいとされていますよ。意外に漢方で改善されるものが多いことが分かりますね。

銀翹散もよく効く漢方薬として有名ですが保険適用外の漢方薬となります。そのため、薬局などで購入するようになります。
それ以外にも甘草湯もよいとされれていますよ♪喘息の鎮静効果もありますので全般的に効果が見込めますよ♪

漢方薬は昔からあり色々な効果も見込めます。慢性扁桃腺炎に対しても例外ではないですので、上手く利用し悪化を止めるように心がけましょう。