学校でインフルエンザが流行っていると、体調が悪いだけでもインフルエンザを疑ってしまい、病院で検査を!と思うお母さんもいるでしょう。

でも、インフルエンザには検査してもらうタイミングもあるので、早々と病院にいっても意味がないケースもあります。

今回は、インフルエンザの検査料金とタイミングについてまとめました。

Sponsored Links

子供のインフルエンザ検査料金の相場

二人育児 子ども 赤ちゃん

子供の症状がインフルエンザの症状(高熱38度以上・悪寒・関節の痛みなど)がある場合や、熱が高熱でなくても家族や友達などにインフルエンザにかかっている人がいる場合・学校などで流行している場合は、インフルエンザの検査をします。

インフルエンザの検査料金の相場は、基本的には保険が適用されます。

「インフルエンザの一般的な検査費用」
感染症免疫学的検査・・・150点 検体検査判断料・・・144点 初診料・・・282点(再診料72~73点)合計すると5,760円(インフルエンザの場合は殆どの病院で初診者扱いになります)
になります。

負担額が3割負担だと1,730円、2割負担だと1,150円、1割負担だと580円になります。

しかし、インフルエンザの検査が保険適用されない場合もあります。

一つ目は、問診した医師が検査までする必要がないと判断しているのにも関わらず、検査をしてもらう時や保険適用外の新しい検査キットで検査をおこなう場合は、保険は適用されません。

又、インフルエンザの検査は「一日一回それも1つの病院」!というのが厚生労働省の方針なので、午前中に検査をして陰性で、夜に検査をしてもらいたい場合は、検査をする前に病院で確認してください。

Sponsored Links

病院によって、検査料金は違う?

検査料は上記でも紹介しましたが、厚生労働省で定められているのが原則として、一日一回1つの病院になっているので、二回目の検査代金は実費扱いになります。

他にも、病院によって診察時間が違うので、時間外加算がされる場合は追加料金が発生します。

インフルエンザの検査料は、基本的には金額は変わらないみたいなのですが、薬の調剤代は病院によって「調剤技術料」が違うので、病院によって合計金額が異なる場合があります。

Sponsored Links

迅速診断キットによる診断方法

インフルエンザ予防接種費用 注射

インフルエンザにかかったことのある人や疑いのある人は、インフルエンザの検査「迅速診断」をしたことがあると思います。

「迅速診断」は15~30分ほどでインフルエンザの陰性か陽性が調べることができるので、多くの病院で使われています。

この方法は検体を採取して調べる方法で、やり方としては2通りあります。

「綿棒で採取」
ニュースやテレビでもインフルエンザの検査方法として、よく紹介されているので、見たことがある人も多いと思います。

長い綿棒を鼻の中の奥まで挿入して検体を採取する方法なのですが、これが非常に「痛い!」です。

私の子供も毎年インフルエンザにかかっていたので、この採取方法をするのですが、これが「一番嫌!」だと言っていました。

子供の中には泣き出す子もいるぐらいの痛みがあるようです。

「鼻かみ」
専用のシートに鼻をかんで採取する方法です。

私が昔インフルエンザの検査をする時は、この方法でした。

この方法なら子供も嫌がることがないので、以前小児科の先生に「この方法でお願いしたいのですが」といったことがあったのですが、この方法は正確性に劣るのでやってくれませんでした。

それぞれの病院で検査のやり方も違うので、あまりに「綿棒」での検査を嫌がる場合は、先生に相談してみてくださいね

子供のインフルエンザ、病院にはいつ行くべき?

インフルエンザの検査なのですが、私の子供も経験しているのですが、高熱がでて学校でもインフルエンザが流行っていたので、病院に連れて行ったのですが、検査してもその時は陰性だったため、次の日に病院に行き再検査すると陽性という時がありました。

高熱の子供を次の日に病院に連れて行くのが可哀想だったのを覚えています。

このように、インフルエンザであっても陰性な場合がよくあるので、「いつ」行くかをよく判断しなければいけません。

インフルエンザウィルスは、発症後12時間を過ぎると検査で判定できるまでウィルスが増殖するので、12時間以上経過してから受診すると一回ですむ場合が多いです。

そして注意なのが、48時間以内に受けてインフルエンザだと判断して「インフルエンザ治療薬」を飲まなければいけないことです。

48時間を過ぎてしまうと、薬の効果もなくなってしまうので検査をしても意味があまりなくなってしまうので、12時間以上たってからすぐに受けるのが望ましいです。