夏夜打ち水効果マンションベランダ

夏の青空は気持ち良いですが、最近の夏の暑さは尋常ではありませんね。
年々暑さがひどくなってきている気がするのは気のせいでしょうか?

暑い日でも、夕方にざーっと夕立が降ると、気温が下がって涼しくなりますよね。
それを人工的に再現できるのが”打ち水”です。

昔から行われてきた打ち水で、エコに涼しく夏を乗り切りましょう。

打ち水をするとなず涼しくなるのか

スポンサーリンク

近年では、ヒートアイラド現象を解消するため、地域ぐるみで打ち水に取り組むところもあります。そういった活動では、打ち水をすることで2度前後は気温が下がることが実証されているのだとか。

では、打ち水をするとなぜ涼しくなるのでしょう?

これは、水分が蒸発するときの「気化熱」によるものです。
水は蒸発するときに、熱を奪いながら蒸発していきます。たとえば、小さいころ、学校のプールから上がった後、水着を脱いだ時の方が、水着を着ているときよりも暖かく感じた記憶がありませんか?知恵ばあは当時(はるか昔)、裸の方が温かいなんて不思議だな~と思ったものです。
風邪をひいて寝込んで汗をかいたら、パジャマを着替えないと余計に体を冷やしてしまうのも気化熱によるもの。
地面に水を撒くことで、蒸発するときに地表の熱を奪って涼しくするのが、打ち水の効果なのです。

打ち水の効果的な時間帯

夏夜打ち水効果マンションベランダ打ち水は、地面に水をまくだけなので手軽にできて良いですよね。
ただ、やみくもに水をまけば良いというワケではありません。効果的な時間帯を知ることで、涼しさを体感してみましょう。

まず、避けたいのが日中の打ち水です。太陽がかんかん照りで、一気に水分が蒸発してしまう日中は、打ち水をしても効果を実感しにくいのです。また、湿度だけが上がることで、逆に不快に感じてしまう結果にも…。

打ち水の効果的な時間帯は、朝または夕方です。
朝に行うと、徐々に水分が蒸発することで一気に気温が上昇することを抑えられ、快適に過ごすことができます。
夕方の打ち水は、日中に地面にこもった熱を取り除いて、夜を気持ち良く過ごすことができるのでおススメですよ。

打ち水の効果的な方法

スポンサーリンク

打ち水は、日ががんがん当たる場所におこなってもあまり意味がありません。撒いた瞬間に蒸発してしまうようでは、すぐにまた地面が熱されてしまうためです。

効果的なのは、家の中に風が入る窓の前、日蔭の部分に水をまくこと。そうすることで、そこを通る風がすずしい風になり、天然のエアコンの出来上がりです。その際、なるべく広い範囲に撒くとよいでしょう。
また、すだれを窓に立てかけている場合は、すだれを濡らすのも良いですよ。ゴーヤや朝顔などで緑のカーテンを作っているご家庭なら、水遣りもかねて打ち水をすればgood!葉のお陰で水分がゆっくり蒸発するので、とっても効果的な方法です。

マンションのベランダでも、打ち水の効果アリ!

打ち水マンションベランダ効果夏夜打ち水というと玄関の前にパシャパシャ…というイメージがありますが、風がとおる場所なら効果が期待できます。
マンションの場合は、ベランダに打ち水をすることで室内の体感温度を下げる効果がありますよ。ただ、下の階の方に水が飛ばないように注意は必要ですね。

また、ベランダの場合も観葉植物に水をやると、より効果が持続します。エアコンの室外機の付近に水を撒くのもおススメです。

また、打ち水に使う水は、お風呂の水やお米を研いだ水を再利用するとよりエコに♪
自然の力を応用しながら、涼しく賢く夏を楽しみたいですね。

スポンサーリンク