革のバッグって学生時代は魅力がありましたよね。社会人になって「買う!」と意気込んだものです。しかし、今となっては使うことがなく押入れで眠っています。最近では、女性も学生時代から革バッグを持っている人が多いですよね。

中にはいくつも持っていてクローゼットでギュウギュウに詰め込まれている革バッグもあるのではないでしょうか!そして、いざ使おうと思った時には「カビが生えている・・・」このような経験をした人は多いはずです。

今回は、革バッグについた「カビ」落とし方保管方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

革製バッグにカビはなぜ生える?

革バッグのカビ
出典:http://www.hanakoya.com/

そもそも革バックは他のバッグと違い、どうして「カビ」が生えてしまうのでしょうか?カビがどうして生えるのか原因を見ていきましょう。

カビが繁殖しやすい環境

カビは空気中のどこにでもいるのですが、繁殖しやすい温度と湿度があります。カビは温度が20℃~30℃湿度が70%~80%以上で一気に繁殖してしまいます。

カビが一番繁殖しやすいお風呂場もこの温度と湿度の条件が揃っています。また、夏場は押入れの中などもカビが繁殖しやすい環境になります。

革バッグの場合は収納する場所となると、押入れやクローゼットが一般的ですが、この場所は空気の対流もなく湿気が溜まりやすい場所ともいえるので、どうしてもカビは生えやすくなってしまうのです。

カビの栄養となる物がある

温度と湿度以外にカビが繁殖する理由は、カビの栄養源があるかどうかです。

ホコリや食べかすなどもカビの栄養源になりますが、革バッグにはタンニンや油脂が含まれているので、他のバッグよりもカビの栄養源になりやすいのです。

他にも皮革用にクリームのカビの栄養源になりやすいです。

他にも、外出時にカビが付着したり、私達の手の油が革バッグに残ったまま、湿気の多い押入れやクローゼットに置くことでカビが繁殖してしまうのです。

スポンサーリンク

革バッグのカビの落とし方

%e3%82%ab%e3%83%93%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%97%e3%80%80%e9%9d%a9

カビが軽いついている場合の落とし方は比較的簡単です。

まずは、絞った濡れタオルを用意し、カビが生えている部分を優しく叩きながら拭いていきます。

その後は、天日干しすれば殺菌・除菌ができます。(注意点 あまり長時間天日干しをすると革が乾燥しすぎて、型崩れを起こす恐れがあります)

最後に、同じようにカビが再度生えないように革専用の保湿クリームを塗ればOKです。

問題なのが、カビが多く生えている場合です。この場合は革の線維の中まで入り込んでいる恐れがあるので、しっかりカビを取り除き抗菌・除菌しなくてはいけません。

重曹でカビを取る方法

しっかりカビを取りたい場合は、重曹を使った方法がオススメです。
用意する物はこちら。

・重曹
・使い古した歯ブラシ
・布
・酢
・椿オイル(頭髪用)

使い古した歯ブラシに重曹をつけカビを優しく落とします。

重曹は弱アルカリ性なのでカビを取る効果があり、手入れした後はアルカリ成分なのでカビも生えにくくなるので一石二鳥なのです。

重曹でお手入れするとその後に白く残るのを防ぐために、酢と椿オイルを使います。

重曹をつけカビを拭き取った後は、酢と椿オイルを同量いれ水で薄め、それを乾いた布に含ませ鞄を拭いていきます。
最後は乾いた布で丁寧に拭きあげて終了です。

洗濯機で水洗いできる商品も

こちらは高額ですが、洗濯機で革製品のカビを落とせる薬剤が市販されています。

使ってみた動画もありました。

高額なバッグや革ジャンなどは、検討してみるのも良いかもしれませんね。知恵ばあも皮のジャンパーのカビでクリーニングに出したことがありますが、1着10,000円近くしましたので、クリーニングを検討されているなら一考の余地ありでしょう。

スポンサーリンク

革バッグをカビさせない保管方法や予防策

カビが生えない環境というと、湿度が低く乾燥している場所です。
しかし、鞄などはどうしても押入れやクローゼットにしまうので、できるだけ風通しの良い環境をつくるようにしましょう。

定期的に風を通すことで、湿気が逃げるのでカビは生えにくくなります(私は天気の良い日の午前中は、全ての窓&戸棚を開けています)

カビを生えない予防策は、定期的に紫外線にあてて抗菌処理するのがおすすめです。

革のバッグは比較的使う機会が少ないので、定期的にお手入れしてあげてくださいね。