スポンサーリンク

会社への通勤や子供の送り迎え、買い物などで自転車を使う女性は多いですよね。冬が過ぎ、春になると自転車での移動も気持ちよくなってきますよね。

でも見逃していませんか!紫外線を!

紫外線は容赦なく自転車にも降り注ぎ、毎日浴びることで女性の天敵「シミ」「シワ」へと変わっていきます。過ごしやすくなっていく時期から「日焼け対策」は必須になってきます。

今回は、自転車での日焼け対策、首回りストールや手の甲がポイント!についてご紹介します。

スポンサーリンク

自転車で日焼けしやすいのはどこ?

日焼け対策を皆さんは何月からしていますか?大抵の人は、暑くなってくる時期の7月頃から日焼け対策を始める人が多いのではないでしょうか。

しかし、紫外線は一年中降り注いでいるので、一年中日焼け対策をするのが正しいのですが、忙しい人はそうもいってられませんよね。

そこで簡単に紫外線について説明しますね。

紫外線は、日焼けやシミ・ソバカスの原因になるUVBと、肌の奥の細胞に影響を与えハリやシワの原因になるUVAがあります。

UVBは、海などアウトドアに行った時に日焼けする紫外線で、5月から徐々に強くなり6月~8月が最も強くなる「夏の紫外線」です。

私達が紫外線対策をする場合の多くは、このUVBの対策をしている場合が多いです。

そしてUVAは、4月~8月がピークの時期で、その中でも5月が一番紫外線量が多いです。

UVAはUVBより弱いので日焼けする事はありませんが、一年中降り注ぎ、窓やカーテンも通り抜け肌の奥の真皮まで届いて肌に影響を与えてしまいます。

この2つを照らし合わせると、5月から紫外線対策を始めるのも良いのですが、UVAも防げるので4月からの日焼け対策をおすすめします。

では自転車で日焼けしやすい部分はどこでしょう?

日焼け対策で一番使うアイテムは「日焼け止めクリーム」とアンケートでもあります。そして、帽子や日傘などでガードする人が多いです。

しかし、自転車に乗る場合は少し違ってきます。まず自転車に乗るときは日傘は持てないので、帽子・UVの服装と日焼け止めクリームになります。

その場合でも顔や腕には日焼け止めクリームを塗っても「首」や「手の甲」「脚」や「足の甲」などまで塗らない場合が多いです。

しかし自転車では、特に手の甲や首は紫外線が多くあたる部分なので注意が必要です。

スポンサーリンク

自転車での首周りの日焼け対策

ついつい忘れがちになるのが「首周り」です。

夏場は涼しい服を重視して、大きく首周りが開いているのを着てしまうため、思った以上に首だけ日焼けしてしまうケースが多いです。

よく顔と首の色が違う人がいますよね(私もその1人です)

最近では、首の日焼け対策グッズも多く発売されています。

日焼け対策用の夏用のネックウォーマーや首をすっぽり隠すタイプのネックカバーなどをつけている人も見かけます。

私のおすすめは「スカーフ」です。

最近では、UV加工されているお洒落なスカーフが沢山発売されているので、それを首に巻くとかなり紫外線を防ぐことができます。

私は夏場は汗をふくために首にタオルをかけているのですが、出かけるときはタオルではあまりに格好が悪いので、汗も吸い取ってくれUV加工もされているスカーフを首に巻いています。

自転車で手の甲や足の甲の日焼け対策

自転車で首以外に見落としがちなのが「手の甲」です。
自転車に乗ると、どうしても同じ姿勢でグリップを握るので、手の甲だけ真っ黒に日焼けしてしまいます。しかし、手の甲にまで日焼け止めを塗るのを忘れる人は多いです。

手袋やアームカバーをつけるだけでもかなり防げるので実行してみてください。

私のおすすめは、ユニクロで発売している手の甲もかくせるUVパーカーです。

すっぽり手まで隠れ、親指部分が離れているので自転車のグリップもキチンと握れ、かなりの優れものです(私このパーカー色違いで3着持ってます)

夏場はスリッポンやサンダルで自転車に乗る場合もあるので、日焼け止めを足や足の甲にも忘れずに塗ってから出掛けてくださいね。