真夏の屋外に車を停めていて、出掛けようと車に乗ると「熱い!」と感じますよね。

こんな時は、まずはエンジンをかけてエアコンを全開にし、車のドアも全開にして空気を入れ換えましょう。
車の中の熱気が出て行き、エアコンの吹き出し口から涼しい風が出るようになったら車のドアを閉めて車内が涼しくなるのを待ちましょう。

普段なら、車内温度が下がるのに時間が掛かりますが、「サンシェード」を使うと時間を短縮することが出来ます。今回は、「サンシェード」の効果や使い方おすすめについて書いていきます。

Sponsored Links

日差しが強い日の車内温度や危険性

車 サンシェード

真夏の外気温が30℃になると車内温度は60℃近くに、直射日光を浴びるダッシュボードやハンドルは70℃近くになります。うっかりハンドルに触ってしまうと、火傷をする危険もあります。

「すぐに出掛けないといけないのに!」という場合でも、70℃もあるハンドルを握って運転をするなんて不可能ですよね。
また、そんな中に炭酸のペットボトルやスプレー缶等を放置していると、破裂などの恐れもあり大変危険です。
また、社内のシートなどが日焼けして、色あせてしまうことも。

そうならないためにも、屋根のない駐車場に車を停める場合は、対策をしたほうが良いでしょう。

Sponsored Links

サンシェードの役割

サンシェードはフロントガラスとダッシュボードの間につけて、直射日光を反射し太陽熱を遮光、遮熱シートです。

サンシェードをつけることによって、ハンドルやダッシュボードの温度は70℃から50℃へ、車内温度は60℃から50℃以下へ抑えることが出来ます。ハンドルの温度が50℃くらいなら、なんとか握れるくらいにはなります。

また、車内温度を下げるのも60℃から下げるのと50℃から下げるのとでは燃料消費量と時間が大きく変わってきます。

サンシェードの効果的な使い方

サンシェードは、つけるだけでも車内の温度上昇を抑えてくれる働きがあります。それに加えて、車の窓を少し開けておくと涼しい外気のかぜが入ってきてより効果が得られます。

また、吸盤タイプのサンシェードはフロントガラスが汚れていると外れてしまう事がありますので、ガラスを綺麗にしておきましょう。

サンシェードの選び方

サンシェードを選ぶときは、表面が白かシルバーの反射率が高いもので断熱効果が高い厚みがあるものがおすすめです。

サンシェードはフロントガラス用、運転席、助手席の窓用、リアウインドゥ用がありますし、車種に合わせたサイズもあり多種多様ですので、自分の車に合ったサンシェードを購入しましょう。

また、値段もいろいろあって安物だと100均に売られているものから高いので3万円くらいするのもあります。
急ぎやその場しのぎなら100均のものでも十分ですが、長期間使いたいときは耐久性や耐熱性に優れたものを購入した方がいいでしょう。

カー用品専門店だと、ある程度種類も揃っているし、サイズがよくわからない人のために見本が置いてあって自分の車に試しにつけてサイズ確認することも出来ます。確認することによって失敗することもなくなりますね。

サンシェードは、車を停めているときに熱から守ってくれるものです。

運転席、助手席の窓にサンシェードをつけたまま走行していると、視界を遮っているとして道路交通法違反になります。走行中の日焼け対策はアームカバーを着用して運転するようにしましょうね。

効果面で人気の高いサンシェード

効果が高くて人気のサンシェードを調べてみました。

銀色のシートが多い中、おしゃれな柄で差をつけたい方にお勧めなのがこちらのサンシェード。お値段もお手頃です。

自分の車が、あの人気キャラクターカーズに変身!これは駐車場でもよく見かけますので、本当に売れてるみたいですね。お子さんがいるなら一押しです。自分の車を探すのが楽しくなるかもしれませんえ。値段もお手頃で、車にあう色を選べます。

全ての窓をカバーできるセットがこちら。長期で車をとめておくことが多い方にはぴったりですね。

Sponsored Links