こちらの記事では、男でも女性ホルモンを増やす方法薄毛美肌効果についてご紹介します。女性ホルモンが体にもたらす効果についてみていきましょう。


Sponsored Links

男性に女性ホルモンが増える効果

男 女性ホルモン 増やす 薄毛

男性の女性ホルモンが増えるということは、男性ホルモンが減って女性ホルモン分泌が増えるということです。それは、男性的な作用が減って女性的な作用が増えることにつながり、嫌だと思っていた剛毛やニキビ、はげなどの症状が変化する可能性がでてくるということです。

最近では、男性の間でも肌に関する美意識が高くなってきて、スキンケアは常識になってきています。 女性にとっての女性ホルモンは、神経に作用し乳腺細胞の増殖を促進させます。そのため、バストアップに働いていたり、卵巣の排卵を制御することで月経に関わっていたりと大変重要な役割をしています。

他にも脂肪の代謝を制御するので、女性らしいやわらかな体つきになり、透明感あるきめ細やかな肌を作るのにも役立っています。 男性にとっても、女性ホルモンを増やせば肌がツルツルになり、肌がきれいになって清潔感アップに期待できます。

また、男性が女性ホルモンを増やしたいと考えている多くの理由が、女性ホルモンの発毛効果を期待してではないでしょうか?実際、女性ホルモンには育毛効果があるので、女性は男性よりも髪が伸びやすい上、艶やかで健康的な髪を保つことができます。

また、体毛を薄くしたり、頭髪の成長にも関わっている女性ホルモン。女性ホルモンが増えれば、頭髪にハリやコシが出てくるので、薄毛に悩んでいる男性にも効果的であったりと、男性にとっては美容面においてプラスの期待を持つことができます。



男性が女性ホルモンを増やす方法

豆乳の効果効能

食生活と睡眠が基本

一番大切なのは、規則正しい食生活と睡眠です。 女性ホルモンはコレステロールから作られます。急激なダイエットなどで脂質を減らした食事をしていると、材料となるコレステロール量が減ってしまい、女性ホルモン量の減少へつながります。 また、体内時計と強い関連があり、規則正しい生活をすることが、分泌促進のためには重要です。

次に食事から女性ホルモンを摂取する方法です。 食事としては、納豆や豆腐、豆乳などの大豆製品が有名です。大豆の中には「大豆イソフラボン」という女性ホルモンに似ている物質が含まれています。 大豆イソフラボンを摂取することは、女性ホルモンの作用を強めるのに効果的です。

また、キャベツに含まれる「ボロン」というミネラルにも、女性ホルモンの分泌を活性化させる作用があります。これは、ヘーゼルナッツやブドウ、ココア、きな粉などにも含まれています。

そして、マグロなどの赤身の魚に含まれる「ビタミンB6」は、女性ホルモンの代謝を活性化させます。サーモンやバナナ、サツマイモ、豚レバーなども豊富に含んでいます。

また、男性の中の女性ホルモンは、男性ホルモンが変化してできています。それを変化させている酵素が「アロマターゼ酵素」。この働きを活発にさせるためには、ビタミン・ミネラル類は必須です!

こうした食品を、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

女性ホルモンを増やすツボ

また、女性ホルモンを増やすツボもあるようです。 左右の乳首のちょうど真ん中にある「壇中」というツボは、呼吸を整えてリラックスできる効果もあります。軽く指で押したり、トントンとたたくようにほぐしてみてください。あくびや咳、痰がでる方もいるでしょう。

%e5%a3%87%e4%b8%ad
出典:http://ilchibrainyoga-machida.com/

おへそとみぞおちの間にある「中院」というツボにも、女性ホルモンを増やすのに効果があると言われています。こちらも、指でやさしく押して刺激しましょう。

%e4%b8%ad%e9%99%a2
出典:http://xn--r9ji6cxb7ay046e7nb6z6p.net/

そのほか、自宅でできる女性ホルモンを増やす方法

バラの香りのアロマオイルもおすすめです。
バラの香りは、女性ホルモンを誘発し効果をアップさせる働きがあります。入浴中のリラックスタイムに、または就寝前にアロマを焚いてバラの香りに包まれながら就寝するというのも効果的です。

他にも、「ガウルア」や「プラセンタ」といった女性ホルモンを増やす成分の入ったサプリメントを摂取する方法や、「女性ホルモン剤」を使用する方法も。女性向けの商品が多いですが、もちろん男性でも使用することができます。

知恵ばあも家族で使っていてオススメのプラセンタサプリメントは、100%国産のプラセンタで作られたステラマリアというサプリメントです。ワンコインお試し購入もできるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

プラセンタ100%と言えばステラマリア