こちらの記事では、腕や足の黄色いあざ病気原因治し方についてご紹介します。一般的にあざといえば青いあざ、つまり内出血はよく見かけますよね。青いあざに比べ、黄色いあざはビリルビンが原因とされています。

黄色いあざはなぜできる?

%e9%bb%84%e8%89%b2%e3%81%84%e3%81%82%e3%81%96-%e5%8e%9f%e5%9b%a0
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

黄色いあざの原因であるビリルビンは、古くなった赤血球が破壊されるときに生成される黄色い色素です。

ぶつけてすぐの内出血は赤く腫れて熱を持ちます。その状態から青あざへと変化していきますがその間内出血の患部の腫れと熱は、破壊された組織修復のために自然治癒力が働きます。

黄色に変化するのは時間経過によるものなので心配はありません。ビリルビンは胆汁の成分となります。黄疸は、ビリルビンが影響していると考えられます。

打ち身のあざの色の変化は次のようになっています。赤⇒紫・青⇒青・緑⇒茶⇒黄⇒完治となっています。

黄色いあざは病気のサイン?

黄色いあざは治りかけている状態のため病気のサインではありません。打ち身の場合はほとんどが心配ないので安心してくださいね。

ただし、打った場所以外に何か黄色くなる症状がある場合は、話は別です。肌が黄色くなったりする黄疸はビリルビンが増加することで起こると言われています。肝硬変や肝炎など肝機能障害がありますが、これらもビリルビンが関係していると言われています。

あざの治し方、隠し方

あざの消し方 治し方 保冷剤

あざの治し方で大切なのは、打ったすぐ後にとにかく冷やすことです。急速に冷やすことで血管収縮が早く行われるため治りが早くなります。

時間の経ったあざは、温めることで、治癒効果を高めることが出来ます。その時役に立つのが蒸しタオルです。37度ぐらいがちょうど良い温度です。電子レンジにぬらしたタオルを入れて30秒ほどチンすれば、簡単に出来上がりですよ。ホットタオルをうまく使うことにより、温め改善するように心がけて見てくださいね。

市販薬で早期改善を望むならお勧めはヘパリンZが無難です。塗り薬でよく効くと評判で、女優さんたちも使用しているすぐれものだそう。

隠し方の方法もいろいろあるとは思います。簡単に隠したい場合は、カバー用ファンデーションで隠すようにしましょう。ただし、洋服が汚れてしまったりするデメリットがあります。

そんな時は、ワンポイントタトゥーシールが便利です。肌色なので、薄くて目立たなくできるため、うまく隠せます。
足ならストッキングを履いてごまかすのも良いでしょう。是非試してみてくださいね。

根本的な治し方としては、ヘモグロビンを作るのに必要な鉄分を多く含む食品やビタミンCを含んでいる食品を積極的に摂ることにより、できたあざが改善がされます。ビタミンCを摂取するときは、コラーゲンや鉄分を一緒に取るように心掛けてくださいね。

鉄分 ビタミンC 野菜

鉄分を含む食品は、小松菜・カツオ・レバーやパセリなどで、ビタミンCを含む食品は、ピーマン・レモン・イチゴやブロッコリーなどです。積極的に鉄分やビタミンCを含んだものを摂取することにより治りやすくなります。

ビタミンKを豊富に含んだ食品は、内出血予防効果があり、骨を強くする作用もあります。内出血を抑えるがある食品は、納豆やブロッコリー・モロヘイヤやホウレン草・トマトなどです。

血行促進も、あざを治すのには有効な要素となります。あざができやすい方は、ストレッチなどで体質改善をするようにしましょう。

スポンサーリンク